赤ちゃん遺体置き去りで退去した女逮捕!無責任と悲しい現実に批判殺到

生後間もない女児の遺体を自宅マンションの押し入れに放置したとして、無職の女が、死体遺棄容疑で逮捕された。

女は約3年前から現場のマンションでルームシェアをしており、自宅で女児を出産。しかし家賃滞納したため荷物を残したまま退去したそうです。

女は退去日までに、女児の遺体をタオルにくるんでポリ袋に入れ、自宅の押し入れに放置した模様です。

その後、同居人だった40代男性が部屋を調べたとき、押し入れから遺体が発見されたという状況です。

司法解剖の結果、遺体は体重約4キログラムで、死後1カ月以上が経過していたことが判明。

女は育てる自信がなかった等と供述して容疑を認めているそうです。

 

■「無責任すぎる」と非難

出産後に「育児の自信ない」という女の供述によって、ネットユーザーからは「無責任すぎるし、自信がないなら子作りするな」と怒りの声が相次いでいます。

女の人ばかり責めるのではなくて、父親も探して責任追及するべきです。

もし相手の男性が「自分の子かどうか分からないから責任なんて持ちたくない」などと言っているならば卑怯です。

ルームシェアをしていた男性は気付いてなかったのか疑問が残ります。

置き去りや死なせるのは当然としてやってはいけないです。

そうなる前に病院にも行かずにただ一人で悩みながら産み落として責任持たされ、父親はどこにいるのでしょうか。

女性ばかりに責任を負わせるのは理不尽だと思います。

この女性は無責任で、生れたて命を捨てたことは事実です。

しかし、へその緒も胎盤も自分で処理したり、産後の痛みと出血をこらえ、疲弊した体で事実を隠したんだと思うと切なくなります。

子供を置き去りにしなければいけなかった経緯というのは…悲しすぎます。

役所に相談して養子に出したり、赤ちゃんポストなど、何かしたらの方法で赤ちゃんの命を助けてほしかったです。

なぜルームシェアをしていたのに、悲しい事態を招いてしまったのか不思議です。

父親はどこにいるのでしょうか。

亡くなった女児の冥福の祈り申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です