義父が授乳をガン見に批判殺到!赤ちゃんの母親の本音

正月休み、盆休み、連休時期に帰省をするときには、乳児がいる母親にとって、義両親に顔を見せるのがかなりの気苦労を強いられるでしょう。

幼いわが子の面倒もしながら、夫の実家で授乳、オムツ替えに加えて、姑や小姑に神経使うとなると大変です。

そんな幼い子を持つ母たちの悩みや愚痴がソーシャルメディアなどのネット上で多数投稿されています。

その中でも、義父について異常な現実な意見が殺到しています。

「授乳ケープを使い授乳していたら、義父に『気にしないから隠さなくていいよ』と言われて恐ろしくなった」

「義父が『赤ちゃんに授乳しているのをみせてほしい。』とあっけらかんと言ってきた」

「授乳中に、スマートフォンで写メを撮られそうになり、マジでありえないでしょ!!」

授乳しているときの義父の言動に我慢できないお母さんが多いです。

ネットで「義父 授乳」で検索すると、その報告事例が多すぎて驚きます。

授乳中に義父が部屋に踏み込んできたなど、実際に被害に遭遇した女性は増えているようです。

確かに、女性の中には公の場で平気で授乳している女性もいるいて、周りが目の置き場に困るような場面もあります。

ショッピングモールで旦那の2人で食事をしていたら、隣のテーブルに赤ちゃんを抱っこしたお母さんが座っていて、おもむろに服をたくし上げ授乳を始めたときは驚きました。

ところが、母親が嫌だというのだから、義両親だからといって無理に見ようとするのが問題です。

出産した途端に、女性の胸を誰にでも見せて良いわけではないです。

普通に考えて、胸を出している部屋に踏み込んだり、胸や乳首を見ようとするのはセクハラでしょう。

出産したからといって女性の胸は見世物ではないです。

実父にだって胸や乳首を見られるの嫌に決まっているし気持ち悪いです。

赤ちゃん(孫)はかわいいから、おっぱい飲んでるところ見たい気持ちがあるのも仕方がないです。

しかし、普通に母親の気持ち考えれば、席をはずすのが当たり前だと思います。

義母にもみせるのも嫌なのに、義父は出ていった後に義母は出ていかず授乳をガン見された挙げ句のはてに「小さいおっぱいなのによく出るわね」と言われた母親もいたとのコメントもあります。

気持ち悪いし、こんなこと義両親に言われたら二度と会いたくなるのは当然です。

また、親を叱らない夫であるならば同罪です。

実母もイヤな女性もいるのに、義父母なんかありえないでしょう。

たとえ実の父親でも無理な女性もいるのを考慮するならば、授乳を義父が見るのは明らかにプライバシーに反する行為だと受け止めておくべきでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です