外国人レイプ事件が日本で多発の危険と対策

雨宿りをしている女性がターゲットにされた事件がおぞましいです。

2019年1月15日、神戸市元町でお店を営業しているロシア人の男性が強制わいせつの疑い逮捕された事件が話題になっています。

2018年9月29日午後9時ごろ、神戸市内のビルの入り口付近で雨宿りをしていた女性が狙われました。

そこに男が接近して女性をビルの中に連れ込んだようです。

男は背後から触りまくったり様々なわいせつ行為に及んだとの疑いがあるとのこと。

男は現在、警察の調べに対し、容疑を否認しているとのことだ。

 

■日本女性が危ない

女性を、欲望を満たすために鬼畜のレイプ未遂をした男に対して、ネット上では非難のコメントが殺到しています。

実はこういうケースは度々あるようです。

雨は傘で視界が狭くなっている人も多いし、物陰から出てきやすいとのこと。

雨宿りのように、あまり気を張っていない時間は、こうした犯罪にとくに注意したほうがいいのかもしれないです。

男でもそんなことされたら怖いのですから、女性の恐怖は計り知れないはずです。

性犯罪も厳罰化するべきでしょう。

ロシアやアメリカ、韓国ではレイプは日常的にあるのが現実です。

日本人も気を付けるべきなのは当然です。

日本に犯罪が少なかったのはもう昔のお話であって、治安がいい日本なんて今や都市伝説です。

外国人を受け入れるのは悪くはないが、このような犯罪も増えてくる。

断固として向かい合わなければ歯止めが効かなくなります。

催涙スプレー、護身用ペンは必須ですし、折畳傘と同じかもしれません。

自分を守れるのは、自分しかいないことを気付くべきです。

自分の行動一つで、天国にも地獄にもなるので、安全な場所なんてないです。

安全な日本国に慣れすぎてる若い女性は、警戒心がなさ過ぎて危ないです。

海外で言う娼婦のような服装をファッションとして着こなす若い日本の女性達は、海外では明らかに勘違いされます。

日本は安全というのは、もう過去の話です。

オリンピックもあります、海外の方々が押し寄せます。

ワールドワイドな知識をを持ってもらいたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です