ビジネスクラスが格安な理由!評判高い航空会社を検証

飛行機でワンランク上の空の旅を満喫したいなら、やはりエコノミークラスよりもビジネスクラスのほうがイイでしょう。

本当に満足度が高いのはどこの航空会社なのか、徹底検証している方々の意見をまとめてみました。

高嶺の花と思われがちな航空機のビジネスクラスですけど、繁忙期を除いて時期を見極めれば、エコノミークラスとあまり変わらないほどの料金で乗れる航空会社があるそうです。

例えば、マレーシア航空ですとセール販売をときどき開催しています。

キャンペーン期間の割引料金ですと、東京発の東南アジアの主要都市が12万円台で往復できます。

格安だからといってもビジネスクラスなのでサービスは抜群です。

質の高い機内食付きとアルコールも飲めるし満足高いです。

空港のラウンジも利用できるのも当然です。

また、マレーシア航空ですとJALのマイルを貯めることもできるのも人気です。

また、2位と5位には台湾系エアラインが入った。

台湾系の航空券はエコノミーも含めて航空券が比較的に安価ですけど、乗り継ぎが必要になります。

ただし、乗り心地が素晴らしいビジネスクラスなら辛くないでしょう。

2位のチャイナエアラインは格別に安いうえに、機内サービスもかなり向上しています。

他の台湾系のエバー航空も同じように、新しい機材を積極的に投入しているため、機内では快適に過ごすことができます。

一方、中国系エアラインは長距離での移動時に高いコストパフォーマンスを発揮するという。

ラウンジが常に混雑するため、台湾系エアラインには劣りますが、渡航先がヨーロッパやアメリカなど長距離であるほど、中国国際航空や中国東方航空であれば格安で利用しやすいエアラインだと評判高いです。

中国東方航空でドイツに行ったときは、往復10万円代で驚くほど安かったです。

中国東方航空とエバー航空は、キャリアの中では安いし安全性が高いのに、頻繁に飛行機を利用しない方々はあまり評価されていないようです。

ただし、中国系の航空会社にはビジネスクラスでも乗りたいとは思わないし人も多いです。

マレーシア航空は突然の欠航遅延することも度々あります。

遅延にロストバゲッジ、クアラルンプールで乗り換えたらスーツケース壊されて中身漁られてたし、散々なトラブルに遭うなんて大変でした!というような意見もあります。

また、中国国際航空は安いけどもう利用したくない!というコメントもあります。

北京の乗り継ぎはものすごく時間がかかるうえに、上海ではトランジットだけなのにわざわざ入国させられることもあるそうです。

さらに上海の荷物検査で理由なくモバイルバッテリーを2つ没収されて問答無用の仕打ちにあった。

様々なリスクを承知した上で利用するのがいいと思います。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です