公務員やめたい人増加!うつ病者増加、ブラック化と安泰説崩壊など

公務員は安定色のイメージが強いので、就職活動の学生たちの間では相変わらず人気です。

「就職したい企業・業種ランキング」の中で公務員は上位に入っているのも面白いです。

一方で、憧れの強い公務員に合格したにもかかわらず辞めたい人が多いのも事実だそうです。

公務員を辞めたいと思ってる人の中には、民間から公務員に転職した方もいます。

古い体質すぎるのと仕事が単調で辞めたくなったと悩みをコメントしているようです。

同じような方いますか?と呼び掛けると、大勢の「辞めたい」人が続々と現状を訴えていた。

 

■公務員の安泰説は崩壊

民間企業でも体質が古い、やり方が今の時代に全くマッチしていないなど、たくさんあります。

そんな中で、倍率高かった公務員を辞める理由が話題になっています。

日本の公務員と言ってもさまざまな職種ですから一言で断言できませんが、県庁や市役所など事務系の一般職の方々のお悩みが多いみたいです。

安定だといわれている給料と待遇を獲得できるという印象が強いため、「もったいない」などのコメントも多いです。

しかし「公務員って安泰でイイね、って言われることもあるけどそれほど居心地よくない」などの悲痛なコメントも多々あります。

民間企業のブラックすぎる環境に疲弊して公務員になったとしても、民間企業以上にブラックだったことに気づいた人も多いです。もちろん残業代は貰えないです。

公務員が精神的に壊れるのは仕事のせいだけでは無く、モンスター住民が原因かもしれません。

実際のところ、仕事できる真面目な職員にますます負担が増大しているようです。

公務員は安泰なんて時代錯誤です、いまは公務員も人員削減したくてお役所も必死なはずです。

国の財政が悪化することによって公務員の人数も減らされます。

その結果、役所もブラック化してしまうのは仕方がないのでしょう。

ちょっと昔までの公務員は安泰と言われていたが、民間企業が経営悪化すればその税収によって支えられる公務員も危機に陥るのは想定内です。

国民の税収によって役所が支えられているのですから、構造的に厳しくなるスピードにタイムラグがあるだけです。

しかも公務員である教師なんて法律で残業代なしが決められているからビックリします。

これでは教師の質が下がって事故や不祥事が増えるのも分かるような気がします。

また、仕事しないで定時に帰る人の仕事を全部やらないといけないのは意味不明です。

上司に訴えても変わらないとは、管理職の方々が全く動かないってどんな組織なのでしょうか。

前任者は新卒にも大して教えない状況で、上司に分からないことを聞ける雰囲気ではないし、間違うと怒られる。

これはこれで仕方ないです。

 

■地方公務員のうつ病が激増!?

公務員は多大な不祥事が暴露されない限りクビにしないため、真面目にやっている職員の負担が大きくなります。

働きすぎで鬱病になった人が休職しても、新人を雇ったり既存職員が移動してくるなど人員補填されないため、今いる人の仕事量が増大してしまう悲惨な状況を訴える声も絶えません。

地方公務員の長期病休者数は増加傾向になっていて、15年前の約3倍にも達しているとは驚きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です