30代女性の結婚観に叱責!彼氏が婚姻しない責任転嫁と悩みに非難殺到

30歳をすぎた女性が、現在の彼氏と恋人になって15年ほど経過してさまざまな悩みをもっているようです。

お付き合いしている間に何回か結婚する話題が盛り上がったのですが、うやむやになったりケンカしたりで結婚成就するまでに到達できなかったとのこと。

今後も結婚するという確実な未来構想はないそうです。

この女性の知人や友達は、スグに分かれて新しい恋をするようほうが良い!などの助言をしているのですが、当人はどうしても別れるのは嫌で決断できないとのこと。

ただし、恋人は女癖が悪いということなので救いようがないです。

何度も浮気するような男性に20代をささげた女性のほうが決断をミスったとした言いようがないです。

浮気とかされた時点で別れるべきだったし、彼からは都合のいい女としかみられてないでしょう。

何回も浮気をしているということは、結婚を留保しつつチャンスがあれば別の女性に乗り換えようとしている疑惑も感じます。

この女性はご自分で見切りをつけないと、このまま進展しないでしょう。

女性の20代はある意味で貴重ですし、妊娠適齢期というのはあります。

悲しいけど、歳を取るほど、女性が不利になるのが現実です。

もっとご自分を大事にて欲しいし、腐れ縁にしがみついてはいけないと思います。

また、男女関係のゴールは結婚とは限らないです。

この女性は彼に尽くし捧げる行為が正義であって結婚してくれると淡い期待を抱いていることがズレているでしょう。

そもそもお互いにコミュニケーション不足と思います。

さらに、この女性は自分で決められないのを棚に上げて相手の男性の責任にするのはおかしいです。

不満や文句を言いながら、素直に別れたくないだけで、周りから同調して欲しいだけの女性だと判断されても反論できないでしょう。

大人なのですから相手に責任を背負わせるような付き合いではなくてイーブンな付き合いできるのを心がけるほうが賢明でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です