LINE Pay20%還元の狙い!割引キャンペーンはPayPayより得か?

2018年12月14日、モバイル決済サービス「LINE Pay」で、支払額の20%をLINE Payの残高として還元する「Payトク」キャンペーンを発表した。

期間は同日から31日までと公表しています。

利用方法は3つです。

・請求書支払い

・ローソンやファミリーマートなど対応店舗での「コード支払い」

・ZOZOTOWNなどのオンラインショッピングでの支払い

これらで利用すると、支払額の20%を還元するというものです。

還元額の上限は5000円。

酒やたばこ、書籍などの一部商品、税金の支払いは対象外だそうです。

今回は、ヤフーとソフトバンクが共同出資するPayPayが、支払い額の20%、または、最大10分の1の確率で全額を還元するキャンペーンを12月4日に既に開始していました。

高還元率のため注目を集めていましたが、わずか10日間で用意した100億円の予算を消化してしまって13日夜に終了してしまいました。

今回のLINE Payのキャンペーンは、PayPayの取り組みと比べると「全額還元はない」「還元額の上限が5000円と低い(PayPayは5万円まで)」ということでインパクトが薄いという流れもあります。

しかし、還元総額による“打ち切り”はなく「期間中ならば20%還元が必ず受けられる」という安心感があります。

全額還元がないので、ギャンブル大好きな人には物足りないかもしれない。

上限が2万5000円とPayPayの10分の1ですから起爆剤になるとは考えにくいという意見もあります。

一方で、25,000円買うと5,000円キャッシュバックするわけですから、上限これくらいでジワジワやる経営戦略のほうがメリットあるという意見も納得できます。

もれなく20%還元は十分魅力的でしょう。

これほどのトラブルもなく、最後までしっかりと使えるサービスになりそうです。

この金額だと大型家電やアップル製品などの値段ですと買いづらいので、オンラインでZOZO、hontoが対象ですからアパレル、雑誌・本に人気と評判が高くかもしれない。

また、忘年会での利用も増えようです。

おそらく、キャンペーン終了後の継続率はペイペイよりも後続のLINEの方がいいかもしれません。

モバイル決済をやったことない消費者であっても初めて使ってみようと考えるでしょう。

携帯キャリアの乗り換えを促すような競争になる可能性もありますね。

さて次はどこの番でしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です