クリスマス苦手な理由!独身恋人なし層はイルミネ・クリスマスソングなど嫌い?

年末に近づくにつれて、街中では「クリスマスイルミネーション」「ジングルベル」や「サンタクロース」などで盛り上がって、キレイで大きなツリーが飾られています。

クリスマスの雰囲気が一気に高まって心もウキウキしています。

同僚、友達、恋人や家族と一緒にパーティーをしたり、外食やお泊り会が待ち遠しい人が多いでしょう。

その一方で、クリスマス一色のときめきを嫌っている人もいるのも事実です。

そこで、クリスマス大嫌いな方々の言い分が話題になっています。

世間はクリスマス色でにぎわっていますけど、ひねくれ者はクリスマス嫌いで、必要以上な盛り上がりに拒否反応あるそうです。

このようなアンチクリスマスに焦点を当てて検証してみます。

 

■クリスマスが苦手な理由

「ハロウィン終わるとスグにリスマスソングばかり流れるのは耳障り」

「クリスマスの定番曲を流されるのが苦痛」というコメントが目立っています。

正統派のクリスマスは、キリストの誕生を祝うお祭りなので、海外では家族と過ごすことが通例です。

ところが、日本では恋愛と結び付けて「恋人と素敵な時間を満喫するイベント」というイメージが強いです。

恋愛の相手がいない人からは、さまざまなコメントがあがっています。

「彼氏いない30代には全く要らない。カップルをみかけると意地悪な気持ちになってガッカリする」

「イルミネーションが綺麗で寂しくなる。相手いないしあの雰囲気は苦手」

「恋人たちのクリスマス、きっと君は来ない(山下達郎「クリスマスイブ」)などのクリスマスソングが聞こえてくると寂しくなってくる」

「楽しそうな人たちみると落ち込むから、仕事のシフトを入れました」

など、率直な心情を垣間見れます。

また、年末のクリスマスの時期は、挨拶回りや忘年会で連日帰りが遅い人も増えます。

そのため、もはや楽しむどころではないという人も多い。

社会人になると、クリスマスどころでなくて、年末年始の休むために馬車馬のごとく働いている人もいます。

このような方々にとって、クリスマスのイベントは迷惑なだけのようです。

クリスマスにかけて特に気が狂うほど多忙になるのが、ケーキ店で勤務する人です。

休日出勤の休みなしで連日営業する店舗も多く、スタッフは無我夢中で働いています。

大量に作ってもクリスマス過ぎたら割引販売される始末です。

ケーキ店で働く人にとって、クリスマスは戦いに等しいようです。

クリスマスイブにクリスマスケーキを購入して食べる習慣が日本に定着させただけで、ものすごい経済効果です。

若い頃は好きだったけど、年齢重ねてくるとどうでもよくなってきた!というのが本音なのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です