日産のクーデター?西川CEOが仕掛けたゴーン追放の裏情報

日産自動車のカルロス・ゴーン会長が11月19日、金融商品取引法違反の疑いで東京地検特捜部に逮捕されました。

容疑内容は、虚偽の報酬額を有価証券取引書に記載していたこととされる。2011年3月期から15年3月期までの計5年間の役員報酬額が実際には99億8000万円だったのに、計49億8700万円と記載していたという。内部通報によって日産が社内調査、それを検察に情報を提供し、事件になった。

「脱税目的か」と思ったかもしれませんが、どうやら違う見方もあります。

ゴーン氏は雇われ経営者のサラリーマンですから、源泉徴収なので日産の報酬では脱税できない。

また、ゴーン氏は日本に月間で1週間程度だけの滞在で、パリとニューヨークに住んでいて住民票は日本にはないです。

つまり、日本で住民税を払わない。

ゴーン氏がどうして虚偽記載した動機がわかりませんが、特捜部が捜査で解明していくのを期待しています。

虚偽記載してそれがばれなかったとしても、源泉徴収なのでゴーン氏にはメリットないはずなのに、なぜ虚偽記載したのでしょうか。

ゴーン氏が虚偽記載した理由について、自身の報酬を大きく見せたくなかったからという説があります。

 

■社員らの「反発」

フランス政府やルノーが敵対的姿勢で日産自動車への支配力を増そうとすれば、西川CEOにはルノー株を買いまくって日産に対する議決権を弱める戦略を模索していたのかもしれません。

しかし、強引なやり方を行うには、日産の取締役会の多数決で、西川氏側が過半数に持っていく必要があります。

現在、日産の取締役会の9人の面々以下です。

カルロス・ゴーン氏、西川廣人氏、グレッグ・ケリー氏、坂本秀行氏、志賀俊之氏、ベルナール・レイ氏、井原慶子氏、ジャン・バブティステ・トゥザン氏、豊田正和氏です。

西川サイドは、坂本氏、井原氏、豊田氏とのことで、西川氏の票を入れて4票だけですから過半数に達していません。

ゴーン氏はCEOを西川氏にCEOの立場を与えたのですが、取締役会に関しては自分の手玉にするメンバー構成になるように人選しているようです。

特に、グレッグ・ケリー氏の存在には不審な見方もありました。

ケリー氏は代表権を持つ取締役でありながら日産で勤務している形跡がないそうです。

今は海外で牧場経営をしているというのが本当ならおかしな話です。

ゴーン氏が会社の資金を私的利用するための錬金術を、ケリー氏が指南していたという話さえあるそうです。

このような背景があって、今回の事件ではケリー氏が不正に深く関与したとされています。

ゴーン氏とケリー氏を日産取締役会から追放できれば、西川氏は過半数を獲得できると考えたのかもしれません。

ゴーン氏などの一部の外国人が高収入のままで、贅沢し放題なのに関連会社などへの投資をしてこなかった等、社内では不満が蔓延していた。

ゴーン氏が長く権力をもち続けている状況が今後も続くと、会社が堕落するのは分かり切っていました。

社内の不満を見過ごしていると、近いうちに不満の刃が西川氏サイドになると判断したのかもしれません。

真相を解明するまでには手間暇かかりそうですけど、どのような結果になるのか気になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です