休眠預金活用法が法制化!休眠口座が日本の繁栄に有効活用

興味深いニュースが目に飛び込んできて注目してしまいました。

『休眠預金』を民間公益活動の財源として利用できるようにする「休眠預金活用法」が参院本会議で可決・成立した!という内容です。

休眠預金とは、「金融機関の口座で10年以上放置されている口座のお金」のことをいいます。

引っ越しや就職など環境が変わるとメインバンクとして銀行口座を変更することが度々あるでしょう。

他には、お亡くなりになった方々の銀行口座になってしまうと、親族であってもどうして亡くなった家族の口座の存在を知られていない場合もあるそうです。

このような開かずの口座が10年間以上の放置期間になってしまうと休眠預金として扱い対象になります。

実は日本で存在している休眠預金が絶叫するほどの金額でビックリします。

なんと毎年1,000億円というのだから驚愕します。

驚異的な金額のうち、約500~600億円ほどが今までは銀行の収入になっていたのも凄いです。

今回の新法案によって、この休眠預金を様々な施策で有効活用しようという内容です。

例えば、「貧困対策」、「難病患者の支援」、「若者支援」、「地域活性化」というような活動を実施しているNPO法人や企業などの指定活用団体に対して助成金や貸付金を提供することです。

長期間放置されているお金が毎年1000億円も滞留している!?こんな国は稀ですし、先進国になっているのも非常に興味深いです。

これを国の繁栄に使えるようになるのであれば、とても良い法律だと思います。

ただし、しっかりした団体に資金が届くこと、不正利用されない使われ方をすることがポイントになります。

使われていない通帳が家に眠っているかもしれません。

通帳記帳していない、休眠口座を持っているのか、きちんと確認するほうがよさそうです。

10年以上放置したとしても払い戻し申請すると銀行は速やかに対応してくれるそうです。

万が一、休眠口座の存在を忘れてしまっても、今後は日本社会の発展に貢献する可能性が高いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です