入場料払う本屋「文喫」お茶コーヒー飲み放題で読書し放題

東京・六本木の「青山ブックセンター六本木店」跡地が大きく変わります。

出版取次大手の日本出版販売は、新業態の書店「文喫」を12月11日にオープンします。

そこでは、入場料1500円を支払えば、1日中本に触れあえるサービスを展開します。

約3万冊の書籍販売、本の閲覧室や喫茶室などを常設していて、コーヒーと煎茶が飲み放題なのは嬉しいです。

3万冊もの本の中から、素敵な1冊と巡り合える空間を提供してくれます。

「文化を喫する」というニュアンスを含めて「文喫」という名前になったそうです。

3万冊の本をそろえる選書室、じっくり本を吟味できる閲覧室、グループで利用できる研究室、会話も食事も楽しめる喫茶室を設置しています。

エントランスでは、珍しい雑誌を含む約90種類の雑誌を販売したり、企画展を定期的に開催する。

そろえる書籍は、アート、デザイン、ビジネス、IT、食など六本木エリアに根ざしたジャンルを充実させるほか、人文科学や、自然科学、文学、雑誌、コミックなども扱うそうです。

入場料を払って、選別されたされた本が読める、漫喫と並んで「文喫」です。

一発でコンセプトが伝わる名前がイイですね。

六本木ということでオフィスのご近所だし、これは絶対行く。コーヒーがおいしいといいなあ。

1500円の入場料にすることで、限られた人だけにしてお金を落とす人を集客できます。

図書館が悪いわけではないですけど、マナーの悪い人がいたりすると、落ち着いて本が読める空間ではなくなってきています。

入場料1500円であれば結構高めなので冷やかし的な形ではなく、本が好きな人が価値を見出して来店するでしょう。

高級レストランと同様で価格設定を高めにすることで、酔っ払い、大声でしゃべる人、有名人にサインを要求する人がいなくなるので、最終的にお金をたくさん落とす人が集まるでしょう。

図書館やスタバとは違って、本のために時間を使う人が集まる「文喫」は本読書する為に料金を払うことで、共通の目的の人が集まる空間になるでしょう。

本と向き合うのに「集中できる」環境であれば、是非利用してみたいです。「1日中、読書できる」入場料のある本屋「文喫」の詳細解説します。コーヒー飲み放題、閲覧室など集中して本読める環境が話題です。

席の予約システムやいつ行っても席があるのであれば行きたいですけど、1500円という価格帯でそれを実現できるのか期待しています。

この仕組みがうまくいけば今後はサブスクリプション型のプランを設けるなどネットカフェとはちょっと違う業態になるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です