速度違反取締り暴露!オービスとネズミ捕り検挙率の違い

一年中、スピード違反の取り締まりが行われています。

そこで、無人式のオービスによる検知と有人式によるネズミ捕りのどちらかで速度違犯車を探しています。

実際、オービスに検知されるのを回避するためにGPSレーダー探知機やオービスアプリも出回っているようです。

取り締まる側と逃れようとする側のいたちごっこが展開されているのが現状のようです。

そこで、スピード違反を検挙率をみてみると、ネズミ捕りとオービスとではどちらが実績をだしているのでしょうか。

 

■オービス検知はわずか

スピード違反の取り締まりパターンは大きく「無人式」と「有人式」の2タイプに分類できます。

無人式とは固定式の機器で、路上にカメラと赤外線ストロボを設置してスピード違反しているドライバーを自動撮影します。これがいわゆる「オービス」です。

一方の有人式とは、警察官が路上の現場で交通ルールを違犯する運転手を取り締まりします。

違反車をパトカーや白バイが一定区間を走行する「追尾式」や警察官が速度違反車を待ち伏せしている「ネズミ捕り」があります。

スピード違反取り締まり検挙数は、ネズミ捕りとパトカーなどの追尾式が半々です。

オービスによるスピード違反の検挙数は、全体件数のわずか数%程度なのが実情です。

高速道路を走行していると撮影ポイントの手前で減速しているドライバーがいるほどですから、オービスの場所は暴露されているでしょう。

最近はナビでも表示されてしまうので、抑止力的な意味合いしかないと思われます。

スピード違反の取り締まりにおいて「オービス」による検挙数はわずかの比率でしかありません。

スピード違反の大部分は、ネズミ捕りと追尾式によって検挙されているので有人式によるものということです。

ネズミ捕りは警告板も無い上に物陰に隠れてるので、それを知らなければスピードオーバーして通って捕まるのですから検挙数が多いのは当たり前でしょう。

スピード違反は取り締まるべきですけど、スピード出しやすい区間、スピード出してもそんなに危険ではない所での取り締まりが多く、
ノルマ達成のために取り締まりしやすい場所を選んでいるのではと疑いたくなります。

スピードを出すと危険な場所での取り締まりを多くしてほしいです。

ノルマ達成のためのくだらない取り締まりをやめて、広い幹線道路沿いではなくて住宅街などを猛スピードで走行する違反者や一時停止無視する人を一刻も早く捕まえてほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です