ASKAツアー開始!覚醒剤逮捕後の初ライブの評判

ASKA(60)が東京国際フォーラム(千代田区丸の内)からツアーをスタートしました。

覚醒剤取締法違反で逮捕されて以後、5年8カ月ぶり、全国ツアー初日(5日)になります。

今回のツアータイトルは「billboard classics ASKA PREMIUM SYMPHONIC CONCERT2018―THE PRIDE―」。

チケット代は税込みで1万1500円。

近頃のライブではチケット代とは別にして、ファンからお金を出してもらおうとしてありとあらゆるグッズを提供して販売しています。

これはASKAに限ったことではありません。

今回のツアーで特に真新しいのはアロマオイルです。

「大空・海洋・安息」の3種類のラインナップをそろえていて、ASKA自身が精油を選別してブレンドしたというのだから驚きます。

熱狂的なファンならば価値あるかもしれませんが、末端価格が4100円ともなると高値でビックリします。

希少価値があるのかわかりませんが、購入するほどのファンがいるとはスゴイです。

最大5000人が収容できるホールAの客席は2階後方席までびっしり。

まずは、これならジュリーのようにドタキャンされる心配がなさそうだと安心しました。

一度転落したとしてもASKAのファンはずっと待っていたようです。

東京フィルハーモニー交響楽団のオーケストラをバックにASKAが熱唱するのが一番の見どころです。

ステージにオケのメンバーが着席、指揮者が登場しても一向に主役が出て来やしない。

ちょっとふっくら顔のナマASKAでしたが、歌声はすばらしく、お得意の鼻歌唱も声量も素晴らしかったです。

プライドと謳ったコンサートだけあってプロの実力はさすがです。

全2時間半で17曲を披露したが、「はじまりはいつも雨」、「YAH YAH YAH」「SAY YES」などのCHAGE&ASKAの大ヒット曲も披露しました。

800曲の持ち歌があって、ヒット曲は盛り上がります。

過去の過ちをなかったことにはできないにしても、今後の活躍を期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です