正式な紅茶の淹れ方で本格的な美味しいお茶を楽しむ秘訣

温かい飲み物が美味しく感じる季節になってくると、緑茶やコーヒーや紅茶など、ホットで飲みたくなる人も増えてくるでしょう。

ネット上でも紅茶の正しい淹れ方が話題になっています。

紅茶の美味しい季節、せっかくなので本格的な淹れ方で味わってみるのがおすすめです。

最初にやるべきことは、ポットやカップなどをに事前に熱いお湯を入れて温めておきます。

できれば浄水器から汲みたてのキレイなお水をを沸騰させます。

また、茶葉とティーバックタイプとでは淹れる方法に違いがあります。

茶葉をティーポットで直接に淹れる場合、先に茶葉を入れておきます。

その後に勢いよくお湯を注ぐのが美味しい淹れ方です。

一方、ティーバッグの場合、まず先にティーカップやティーポットにお湯を注いでおきます。

次に、ティーカップやティーポットにティーバッグを後から入れます。

この違いを知らないで、ティーバッグの上からお湯を注いでいると、キレイに茶葉が開かないです。

美味しい紅茶を飲むためにはタイプにお応じて淹れ方を変えましょう。

また、ミルクティーを美味しく楽しみたい場合、ミルクを温めないほうが良いのをご存知でしたでしょうか。

温めないで常温のままか冷たいままで入れるのがコツです。

ミルクを温めてしまうと乳脂肪分の匂いが強烈になって紅茶の香りを壊してしまいます。

ここまではメーカーなどが伝えています。

番外編として、ラム酒やブランデーなど、香りの高い洋酒を数滴を入れてるのもおすすめです。

夜な夜な落ち着きたいときに嗜むと自宅で美味しい紅茶とお酒の風味を楽しめると評判です。

また、濃いめの紅茶に牛乳を入れたロイヤルミルクティーに、砂糖ではなくてチョコレートをひと欠片を投入したチョコ&ミルクティーも素敵なアフタヌーンティーを満喫できます。

紅茶だけに限定せず、日本茶・中国茶・珈琲・ココアなども正式な美味しい入れ方を実践すると本当に美味しい一杯が楽しめるでしょう。

入れる前の準備や飲んだ後の後片付けが面倒ならば、某メーカーの「お茶専用マシーン」を利用するのもよいかもしれません。

エスプレッソを楽しみたいならば、「エスプレッソマシーン」を使うと自分で入れるより確実に美味しいですしメンテナンスも楽です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です