アルテオンの新型登場!エレガンスVMの評判・口コミ

アート「芸術」を語源としている「アルテオン」がグレードアップしました。

VWとは思われないほどの色気が増していて評判高いです。また、VWのような質実剛健のニュアンスも醸し出しています。

この両面を備えているアルテオンは、魅力満載で気品と冷静なたたずまいが好印象です。

車体の大きさは全長4,865×全幅1,875×全高1,435mm。

4ドアとして後席が少し手狭に感じるときもありますが、子どもや買い物程度の荷物を乗せるくらいなら問題ありません。

そのかわり、トランクはとても使い勝手が良いです。

その容量は通常時563Lから分割可倒式の後席をたたむと最大で1,557Lまで広く使えて、トランクスルーの機能も利用しやすいです。

電動テールゲートの他に、バンパーの下に足をかけるだけで自動的に開閉できる機能も標準装備しています。

パワートレーンに関しても注目されています。

2.0L直噴ターボと7速デュアルクラッチの融合によって、最高出力280ps、350Nmの最大トルクは1,700~5,600rpmなので高低差で発生できます。

そして実は、4WD仕様のみというアクティブな個性の持ち主でもある。

また、ドライビングモードは「エコ」「コンフォート」「ノーマル」「スポーツ」「カスタム」という多様化しています。

レーンキープアシスト、渋滞時追従機能、全車速追従機能付きのACC、リアビューカメラなど革新的な運転支援システムも標準搭載されています。

現行のアルテオンに、さらに最新グレードの「TSI 4モーション エレガンス」が加入しました。

この度のエレガンスには、3色のバリエーションのレザーシート(チタンブラック、ミストラルグレー、バレンシアブラウン)、シルバーのドアミラー、深淵なウッドパネル、専用フロントバンパーなどの装備が盛られています。

明らかに、他のグレードとは格段にレベルアップしているほど華麗な雰囲気をもっています。

■グレードおよび価格
TSI 4モーション エレガンス=599万円
TSI 4モーション R-Line アドバンス=599万円
TSI 4モーション R-Line=549万円

実車を見るとお買い得だと感じました。

ただし、内装が黒一色で他車との差別化無くちょっと残念、少しでも改良されてよかったです。

パサートとは違うジャンルですし、カムリとは似ていないという意見もあります。

いい車だけどこのクラスはメルセデス、アウディ、BMWがブランドを凌駕しているから小型車のVWでは弱いです。

コスパで考えると良い車と思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です