暴走族に恐喝された恐怖!違法改造・ツーリングと誤解の末路

暴走族「国心会」現リーダーの塩田空也と、前リーダーの越智和樹両容疑者が、恐喝の疑いで警視庁に逮捕された。

「ボッコボコにされるか、金を払うか、『国心会』に入って月に2万円払うか、この3つの中から決めろや!」

暴走族の新旧リーダーが、威嚇して知人男性のA氏に脅したそうです。

A氏は「旧車会」という旧式の自動車やバイクを愛好するサークルで塩田容疑者と知り合い、一緒にツーリングをする関係だった。

当時、Aさんは調布市内の飲食店でアルバイトをしていて、来店した塩田容疑者の知人に「塩田と一緒に走ったよ」と話したそうです。

もちろん、Aさんは暴走族には加入していないし、国心会が後ろ盾になっていることなどチラつかせる意識はなかった。

ところが、この知人が塩田容疑者に「Aが国心会の人間と走ったと自慢してた」というような内容を伝えた結果、塩田容疑者が激怒した。

国心会は調布を本拠地とする暴走族で、塩田容疑者は2代目総長です。

国心会の看板を勝手に使ったと勘違いして、調布市内の公園にA氏を呼び出した。

塩田容疑者と一緒にいた初代リーダーの越智容疑者はA氏を脅して、「ボッコボコ」「カネ」「入会」を強要した。

単なる“ツーリング仲間”だったのに因縁をつけられ、恐喝されるとは災難だったということです。

A氏は仕方がなくお金を支払うことを選択して、現金15万円を脅し取られたという。

旧車会と名乗っているけど、暴走族と変わらないです。

違法改造だし、全員逮捕でもおかしくないです。

自分が世の中からどんな風に見られているのか、きちんと向き合った方がいいでしょう。

大の大人が、狭い自分達の世界の裸の王様気分でいると言うことを知った方が良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です