コンビニATMの手数料無料で使えるメリット高い銀行を厳選

銀行サービスを使っていて、利用者が実質的に損になると改編が度々行われます。

いま注目されているのは、新生銀行が2018年10月7日からスタンダード口座での提携ATM手数料を有料になりって、1回108円の費用が必要になりました。

そこで、コンビニATMの手数料を無料で利用できる銀行を検証してみます。

 

■コンビニATMの手数料が無料

ネット専用の「ソニー銀行」は、2019年1月までセブン銀行とイオン銀行は何回でもATMを手数料無料で利用できます。

改定が施行されても、月4回までならコンビニATMを手数料無料で利用可能になります。

なお、月5回目からは108円/回の手数料の支払い義務が生じます。

ソニー銀行で使えるコンビニATMは多様化しています。

E-net、ローソン銀行ATM、セブン銀行ATMとイオン銀行ATM。

他にも、ゆうちょ銀行ATM、三菱UFJ銀行ATM、三井住友銀行ATMを利用できます。

さらに、ステージ制度があって、月末の残高や取引き状況によってプラチナステージになるとATM手数料は無制限で無料になります。

また、2019年1月以降はステージによる、ATM利用手数料の無料枠が変更になります。

ステージ条件に達していない場合、月4回まで無料となり、シルバー枠ですと月7回まで、ゴールド枠ですと月15回まで無料です。

プラチナステージですと今まで通り無制限で無料となります。

「住信SBIネット銀行」は使い勝手が良いので乗り換えるには悪くないです。

住信SBIは無条件で月2回までATM手数料が無料で使えます。

他には「東京スター銀行」ですと、月8回まで実質手数料が無料になるので乗り換えるには選択肢の一つです。

9,000円以上の預貯金があれば、月8回までのATM利用手数料が翌月にキャッシュバックされるのは大きいでしょう。

利用できるATMは、東京スター銀行のATMの他は、メガバンクやゆうちょ銀行、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート内のコンビニATMなどの提携ATMです。

さらに、ネットバンキングでの他行宛て振込手数料が月3回まで実質ゼロ円なのも魅力です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です