犬に最適なスーパーフードの裏情報!健康増進と長寿の真実

人間が食べれるスーパーフードであっても、犬がそのすべてを食べれるわけではありません。

スーパーフードとはどのような部類に該当するのでしょうか。

一般的に健康に良い食品や栄養が豊富な食品のことを指します。

1980年代頃のアメリカで、栄養価の高い食品全般をを「スーパーフード」と人々が呼び始めたことがきっかけのようです。

最近では、サプリメントや粉末状やドリンクタイプの物を購入して持ち歩いたり常食している人も増えています。

犬と人間では最適なスーパーフードが違うのを理解しなければいけません。

人間だけではなくて、犬にも健康増進のスーパーフードがありますが、人間にとって良い食品が犬にも良い物であるかというとそうではありません。

人間と犬のどちらにも最良な食品もありますが、悪影響を与えてしまう物も存在します。

この違いをきちんと認識していないで、愛犬の健康のためにスーパーフードを提供するのはとても危険です。

大前提として、そのスーパーフードが犬にとってのリスクと安全性を調べるのを怠ってはいけません。

また、犬が摂り入れても大丈夫な食品や健康増進のスーパーフードでも、適量を大切にするのを忘れてはいけません。

健康に良い食品であっても、人間同様にあげすぎると不健康になるので注意しましょう。

人間はスーパーフードを調理して食べたり、サプリメントで摂取する人もいます。

一方、犬の場合はどうやって提供するのを良いのでしょうか。

まず、日常生活で与えているペットフードに追加してスーパーフードを混ぜて出すという飼い主さんが大半のようです。

同じ食感と味ではつまらないし変化を与えるために、栄養価高いスーパーフードを少し加えてみるということです。

他にもおやつの代わりとしてスーパーフードを与えている飼い主もいます。

また、犬用に開発されているスーパーフード混合されているドッグフードも販売されていて、活用している飼い主もいます。

 

■犬に良いスーパーフード

実際に犬にとって素晴らしい栄養素で食べても問題ないスーパーフードにはどのような食品があるのでしょうか。

 

【1】卵

人間も犬にも卵はスーパーフードの1つです。

卵にはビタミンDと脳の健康に良いとされるコリンが含まれています。

ビタミンDは骨の形成や免疫強化に効果的です。

卵を与えるときは生食は厳禁です。

下痢や食中毒になる危険があるので、必ず火を通して与えましょう。

小型犬であれば1日1/4個、中型犬は1~2個、大型犬は2~3個くらいが適量でしょう。

 

【2】内臓肉

内臓肉は様々な必要栄養素が含まれており、犬にとってスーパーフードの一つです。

野生の頃の犬は獲物を狩って、生のまま肉を食べていました。

肉は犬にとって必要な栄養が多く含まれていて、顎の筋肉の発達にも良いです。

そもそも内臓肉の中ではレバーが最も評判高いです。

近頃は犬用のレバー缶詰めも販売されていますので、扱いやすいのでおススメします。

内臓肉も種類によって含有量も栄養素の種類も異なりますが、レバーの場合はビタミンAやビタミンB群、タウリン、亜鉛や鉄分が豊富です。

販売されている犬用であれば、記載されている適量を提供するのが大切です。

与え過ぎると過剰摂取になるので細心の注意を払いましょう。

 

【3】ヨーグルト

ヨーグルトは、犬も人間も腸に良い効果を与えてくれます。

犬にとってもスーパーフードですが、無糖のヨーグルトに限定しましょう。

また乳製品にアレルギーを持つ犬は口にする事ができませんので、与えないようにしてください。

整腸作用や免疫力を強化してくれたりと、ヨーグルトに含まれる善玉菌は体の調子を整えてくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です