中国B2Bの野菜販売アプリ「美菜」売上成長率が凄い

B2Bの野菜販売アプリ「メイツァイ(Meicai:美菜)」が、新たに8億ドルの資金調達を行なったとは驚きました。

タイガー・グローバルとヒルハウスが、メイツァイを支援したようです。

農家が野菜をレストランに向けて販売することを手助けする中国のベンチャー企業「メイツァイ(Meicai:美菜)」は、タイガー・グローバル・マネジメントとヒルハウス・キャピタル(高瓴資本)が率いる資金調達ラウンドで、少なくとも6億ドルを調達した。

調達した資金は、中国の断片化した食品調達市場でより大きいシェアを獲得するための拡大に費やされる予定だそうです。

メイツァイは約70億ドルの評価額で約8億ドルを調達したのが本当ならビックリします。

「美しい野菜」という意味のメイツァイは、2014年にリュウ・チュアンジュンが立ち上げました。

中国における約1000万軒の中小規模レストランに向けて農産物を供給することを目標に掲げています。

顧客であるレストランは、スマートフォンアプリを使用して、特殊な野菜を直接農家に注文できます。

既存の仲介業者をなくすことで、既存の卸売りの概念を打ち壊したのは興味深いです。

2017年末現在、同社は約100都市に展開し、売り上げは100億人民元(約1625億円)を超えているのだから驚きます。

成長の速度が素晴らしいです。

2014年に立ち上げ、100都市に展開して既に1600億円を超える売上とはすさまじいです。

日本でも「農家→JA→市場→仲卸業者→スーパー→消費者」という流れを「農家→消費者」に縮めるチャレンジをするプラットフォーマーはいるので、注目されるでしょう。

出荷量が極端に少なかったり、傷みやすかったりするため市場に出回らないような農水産物を販売するには、良い方法です。

また、メイツァイ社の仲介料がどれくらいなのかわかりませんが、おそらく卸を使うよりも生産者側への利幅は大きいでしょう。

レストラン側もそのような食材を自ら探す手間が省けるので、win-winなサービスだと思います

中国の農家もいろいろな特徴があるでしょうが、日本よりも大規模でこのようなサービスを提供しています。

日本でもBtoBもありますが、どちらかというと消費者へのサービスが盛り上がっているのは、出荷する農家の規模が小さいので小口対応しかできないという理由があります。

ある程度大口の出荷ができるのであれば仲卸を入れるほうが農家の負担は歴然と軽減されます。

日本の農業と農村の将来を考慮するならば、中規模以上の安定供給で勝負できる生産者以外は、あえて小規模化に特化してしまって「地産地消を唱える流通」と「希少価値の高い食品をターゲットにした流通」に分類してしまうのは一案だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です