仮面夫婦で離婚しない理由!愛情ない結婚生活で別れない本音

「仮面夫婦」を続ける男女の本音が興味深いです。

配偶者への愛情や関心がないのに、どうして離婚しないのでしょうか?

別れない理由を検証します。

 

■社会的なデメリット

離婚すると、「家庭を守れない女!」「家族を養えない男」と他人に思われたくない人もいます。

離婚によって出世競争に悪い影響を及ぼすという発想になる人もいるそうです。

プライベートな事情で仕事に波風を立てたくないという男性はまだ存在します。

また、家庭をしっかり守ってこそ素敵な母親という考えが日本社会にはあるのでしょうか。

離婚はそれだけ女性の評価を下げることにつながるという発想です。

「性格の不一致」による離婚になると、根掘り葉掘り離婚原因を聞かれやすいネタになりやすいです。

そんな面倒で嫌な思いをしたくないから、離婚しない女性もいます。

社会の評価を気にする男女は、離婚によるデメリットが大きいと判断すると、仮面夫婦を優先する人もいます。

 

■離婚は疲れる

「離婚が成立するまでの道中が気苦労と経済的な負担を避けたい!」

「そんな経験をしなくないので仮面夫婦のままがマシ!!」

などを発言している人がいます。

離婚するためには、当たり前ですが配偶者と面と向かって話し合うのを避けて通れないです。

いざこざが起こるのは仕方がないし、財産分与や親権争い・養育費などの揉め事が起こるのも想定されます。

さらに、親族や会社や役所などに離婚を伝えたり、離婚によってさまざまな手続きをするのが煩わしいし面倒だと思うのも分かります。

離婚する前と離婚後の労力と気苦労を背負うくらいなら仮面夫婦を続けるほうがイイという発想になるそうです。

 

■仮面夫婦を続ける結果は…

夫婦関係が破たんしているとはいえ付き合っている相手とは不倫関係です。

堂々とデートもできないし、いつ恋人に嫌われて離れていく可能性もあります。

辻褄の合わない生活で不倫がバレて、自分は良くても配偶者から離婚を切り出されたら慰謝料請求されることもあります。

結局、仮面夫婦であっても離婚しない限りは本当に自由で気楽に過ごせるとは言い難いです。

それでも、男女にとって結婚している立場は自分にとって都合の良いものです。

デメリットよりメリットのほうが大きいならば、離婚したがらないし仮面夫婦を選択するのも分かります。

まともでないのを分かっていても自分に都合の良い関係だから仮面夫婦を続けるのが、本当に楽なのでしょうか?

妻や夫の気持ちをまともに考えないで自分自身が納得していれば構わない、そんな考えがまかり通る世の中を追求するのは甘すぎます。

こんな夫婦関係を続けるのは不幸にまっしぐらなると思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です