韓国の非常識に唖然!旭日旗に文句つける韓国側の言い分

韓国・済州島で開かれている国際観艦式の海上パレードに、自衛艦旗の「旭日旗」を掲揚しないように韓国が日本に言いつけていました。

この問題で、岩屋毅防衛相は10月11日からの式典に参加しないことを正式に表明しました。

日韓の言い分で妥協点を見いだせないまま、日本側が海自艦艇の派遣を断念した結果に落ち着いた模様です。

日韓は2018月10月、1998年の共同宣言から20周年を迎えます。

しかし、韓国は相変わらず歴史認識の問題を持ち出し、記念行事でありながらつまらない結果になりました。

防衛省が観艦式での海上自衛隊派遣を見送った具体的な理由について気になります。

韓国側が自衛艦旗『旭日旗』を掲揚しないように要請してきたのです。日本側としては、到底受け入れ難いのは当然でしょう。

万が一、これを受けるとなると、国際社会での日本の信頼失墜と恥さらしにもなります。

自衛艦旗は旧日本軍の旭日旗と同じデザインという理由で、韓国が軍国主義の象徴だと主張しています。

韓国では、韓国内で使用を禁止する改正法案が国会に提出されてしまうほどの反日法案の一環となったほどです。

これら一連の韓国側の姿勢は、国内法や国際法に反する一方的な注文です。

国連海洋法条約は、国籍と軍隊を示す「外部標識」を掲揚しなければなりません。

自衛艦旗を掲げるのは自衛隊法に規定されているのですから、韓国の言い分は非常識だと言わざるを得ないです。

「韓国の言い分は、旭日旗が『戦犯旗であるからだ』なのですが、

世界各国の海軍は軍艦旗(Naval Ensign)を国家主権を象徴するものとして敬意をもって尊重しています。

第2次世界大戦における戦勝国の米英両海軍は、旧帝国海軍が軍艦旗として掲げ海上自衛隊が継承している旭日旗に敬意をもっています。

旭日旗が日露戦争において、東郷平八郎元帥が旗艦『三笠』にZ旗とともに戦闘旗として掲げた栄光の旗であることをよく承知しています。

日本と戦争したわけでもない韓国が「戦勝国」として旭日旗を「戦犯旗」と言い張るのは理屈に合わないです。

旭日旗を戦犯旗と主張し続けるのは、国際社会で笑止の対象になりえるものであることを認識していないのでしょうか。

たとえ韓国を批判しても韓国人の国際感覚には通用しないでしょうし、むしろ海自が入港するのを防いだとしか考えていない。

海自が観艦式に参加してしまって、韓国に国際常識を認識させるという選択肢もあると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です