騒音苦情で営業時間を短縮!クリスピークリームドーナツの24時間ドライブスルーの問題

アメリカの評判高いドーナツチェーン店「クリスピー・クリーム」が、アイルランドのダブリンにも店舗がオープンした。

イギリスの各地に店舗を展開しているだけあって、アイルランドで初出店となると現地では話題になっていたようです。

ところが、24時間営業のドライブスルーが注目されていたのですが、グランドオープンした途端に予想外の事態になり、営業時間を切り上げることになりました。

そんなにもドーナツが食べたくて仕方のない人たちがこの地域にはいるのだろうか…そう思ってしまうような現象が、

ダブリン西部ブランチャーズタウンに「クリスピー・クリーム」ドライブスルー店がオープンした時にトラブルが発生しました。

9月26日、この店舗の近所に住む人々らは、ショッピングセンターに隣接してオープンして初日から連日の騒音によって寝れなくなってしまった。

自動車でドーナツを購入する人だかりと並んでいて、駐車場にはドーナツを欲しがる車で溢れかえっていました。

23時以降にクラクションを鳴らした車が横行していたとなると騒音はひどかったでしょう。

混雑したドライブスルー前は混み合った車で騒然となり、車内の客らが夜中であるにもかかわらずクラクションを鳴らし続けるという迷惑極まりない行為に出たのだから我慢できないです。

何台もの車がクラクションを鳴らすような騒音被害によって、睡眠妨害に陥った近隣住民らが苦情を訴えるのは当然でしょう。

ドーナツのために、車のヘッドライトやクラクションと騒音、排気ガスが毎晩ともなればメンタル崩壊の原因にもなりかねません。

ドーナツ騒動に耐えられない住民らは、Facebookグループアカウントを作成しました。

渋滞や騒音に対応できないようならば、24時間オープンをやめるべきだ!と店側に抗議しました。

クリスピー・クリーム側は、10月3日以降のドライブスルーの営業時間を午前6時~午後11時半に変更したが、店は今でも24時間オープンしているそうです。

夜中に買いに行く話を聞いただけで胃がもたれてきます。

アメリカのドーナツというのは甘いだけで美味しいのでしょうか?

正直そこまで必死に並んで食べたいというほどの味ではなかったし、ミスドに慣れた舌には甘すぎだと感じました。

過去に日本でも初出店の時はものすごい長蛇の列を作っていました。

ただし、1年も経てば閑古鳥が鳴きだすから大丈夫でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です