冷え性克服する方法!手足より内臓温める温活のメリットと効果

寒い日が続くと、冷え性の人は本当につらいでしょう。

しっかり冷え性対策していても手足を長い時間温めるのは難しいです。

一年のうち最も寒い季節と言われているのは2月ですけど、一年中の冷え症で悩んでいる人にとっては冷え性改善につながるような生活習慣が大切です。

いずれにしてもしっかり防寒対策をして過ごしたいですね。

とても寒い時期に外出すると、力強く肩をすくめてしまうくらい寒さを感じます。

体に無理な力が入るとますます血行が悪くなってしまい、冷えの原因に直結します。

そこで、温める体のポイントを知っておくと快適に過ごせるのでチェックしておきましょう。

温める場所のポイントは基本的に三つです。

・肩甲骨の真ん中

・おへその下

・仙骨(腰の少し下)

以前に鍼治療の先生に教えてもらったときに知ったのですが、

手足の冷えは、身体の深部の冷えからくることも多いそうです。

冷たいと感じる手足を温めることも大切ですが、お腹など体の内臓や深部が冷えていると、手足を温めてもほとんど効果を実感しにくいそうです。

身体の胃や腸などの臓器の冷えは生存の危機に関係するのため、生命維持するための調整機能が働いてまずは体全体の隅々から熱を集めてきます。

その結果、末端冷え性でなくても、手や足などの先端部分から熱が奪われて手足が冷えてしまいます。

手足を温めるよりも、腹部、背中や腰部などの体の中心部分を温めて保温してあげるのがポイントです。

そうしないといつまでたっても手足から熱が奪われてしまって、いつまでも体が温まりにくいです。

手足が冷えると夜も眠れなかったり熟睡できないと疲れがたまりやすいです。

真っ先に実践するべきなのは、体の内部を温めてあげるのが良いのです。

職場のオフィスや外に遊びに行くときにはホッカイロが手放せない人もいるでしょう。

自宅では甘酒やしょうが湯を飲んで、体内から温かくして体温調節するのを意識しましょう。

外は寒くても、意識的に体の芯から「温活」でぽかぽかにして元気に過ごしていきましょう!




内側からぽっぽかサプリ【おひさまのおめぐ実】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です