今井絵理子に批判!橋本健と交際報告で議員辞職・略奪愛など再炎上

2018年10月3日、自民党の今井絵理子・参議院議員が自身のアメブロを更新して、世間を驚かせました。

その内容はというと、以前に神戸市議会議員だった橋本健氏と付き合って交際していることをブログで報告しました。

今井議員は週刊新潮でプライベートに関する記事が掲載されたことについて自身の意見を語っています。

「記事には事実誤認が多く、応援してくださっている皆さんには正直にお伝えしたくブログに書かせていただきます。」と前置きをして「現在、私今井絵理子は元神戸市会議員の橋本健さんとお付き合いしております。」と報告した。

橋本氏との交際については「様々なご批判等あるかと思いますが、それらは全て覚悟しております。」とぶっちゃけ話をするとはびっくりしました。

議員を続けてるから批判が出るのを理解しているのでしょうか?

不倫がどうとか、一般人にはどうでもいいことであって、今井氏に税金が支給されていることが嫌われています。

今井氏は心境をつづりいますけど、本当に覚悟ができているなら今すぐにでも議員辞職して退職金を辞退するべきでしょう。

国民の税金でホテル泊まってセックスしていた疑いが消えないし、

何よりも居直り方が凄くて、変な意味で感心します。

好き放題するのは構わないですけど、世の中は因果応報というのがあります。

一般人に釈明、言い訳しても誰も信用していないし信頼を得られないでしょう。

それよりも、橋本氏の奥さんに全力で謝り続けるのが大切です。

覚悟決めたからって、自分たちの言動を正当化しようとするのは意味不明です。

不倫して税金の無駄使いしているのは公私混同していて最低でしょう。

橋本氏が詐欺罪の疑惑を抱えたままで逮捕されて、裁判が行われていることを考えるならば、このタイミングで交際を暴露する目的は何なのでしょうか。

税金を不正請求した犯罪者と現職の国会議員が交際して許されるならあり得ないでしょう。

まずは議員辞職してから公表するのが筋でしょう。

しかも、妻子いたのに、新幹線で手繋ぎ添い寝してたわけで、これが略奪でない!というのは無理があるし都合良すぎです。

しかもホテルだって行っているわけですから、略奪と言われたくないなら相手が離婚するまで疑われるような行動をするな!と言いたいです。

議員報酬年間約2000万円・・・これは血税であり、倫理観が乏しいと思われる人間を支える為の手当ではないはずです。

何の志しもなく、勉強もしないで、議員の資質すら持たないタレント議員が多かったです。

二世議員も問題だが、この様なタレント議員を選出する自民党、それを支持する国民にも責任があると言わざるを得ないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です