ブルーライトは視力低下の原因でない!PC用メガネ不要論は本当?

スマートフォンの画面から放射するブルーライトが目に悪影響を及ぼすかのような、広告を見かけることがありますが、本当でしょうか。

実のところ、ブルーライトは睡眠の妨げにはなっても、目を傷めるという科学的根拠はありません。

ブルーライトという見えない敵を作った、JINSのマーケティング戦略なのでしょうか(笑)。

目の疲労がブルーライトカットメガネ使った時の方が緩和されると思っていたのはプラシーボだったのかもしれません。

眼細胞が自然に含有する化学物質とブルーライトが結合すると、細胞を傷つける可能性があるとする研究が発表されたあと、米国眼科学会(AAO)は「スマートフォンのブルーライトは視力を低下させない」と明言しています。

問題の研究では、人間の眼から採取した細胞が使用されたわけではなく、人間の眼はまさにこの種のダメージを防ぐ力が備わっているからです。

昨年、別の研究のタイトルに「スマートフォン失明」という言葉が登場しました。

しかし、これは片方の眼を閉じながら、もう片方の眼でスクリーンを見続けると、一時的に発生する状態でしかありません。

副作用が無いのなら、これまでブルーライトカット眼鏡を使用していた人は、今後も使用を続けると思います。

睡眠の妨げになるってことは、眼は大丈夫だけど、神経を興奮させるのであれば、ブルーライトは状況に応じてカットしたほうが良さそうです。

 

■ブルーライトカットのメガネ副作用は不明

AAOはブルーライトを遮断するとうたっている眼鏡やフィルターの推奨すらしていません。

その効果が実証されておらず、長期的にはどのような副作用があるのかもわからないからです。

ブルーライトは睡眠の質を低下させるため、携帯電話を寝室の外に置くことと、ドライアイになる可能性があるため、長時間携帯電話を凝視しないことは推奨しているそうです。

ブルーライトが失明に関与するかもしれないというのは実験系での障害を証明しただけで、人体への影響は証明されていないとのことです。

その障害から細胞を守る蛋白質があるので人体でそこまでの障害は出ないとのことです。

本当に目に悪いかどうか証明するなら人体で更なる研究が必要なのでしょう。誰もしないと思いますが・・・。

PC用メガネは推奨しないということですが、ブルーライトは覚醒・睡眠リズムへの影響は証明されていますので、寝る前のパソコンやスマホは避けるか、PC用メガネを使うのもありかもしれないと思います。

ブルーライトが睡眠を阻害しているのではなく、スマートフォンが提供する情報が脳を活性化させるため、睡眠を阻害しているのを理解するほうが大切でしょう。

いまだにブルーベリーが目に良いという表現は見られるので、テレビCMで思いっきりやって注意されたりしない限り、多くの人がブルーライト対策をし続けるんでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です