Zaif約70億円損失!テックビューロが仮想通貨流出額と問題点

9月14日に発生した不正アクセスにより、顧客の預かり仮想通貨を含む仮想通貨が流出したと発表していたテックビューロ。

同社は9月21日、前回の発表で「調査中」としていたMONA、BCHの流出額が判明したと発表した。

今回発表された流出数量、損失総額は以下のとおりだ。(レートは、2018年9月18日の終値で計算。BTC:712565円 、MONA:107.7円 、BCH:49795円)。

BTC 5,966.1 (円換算で約42億円)
MONA 6,236,810.1(円換算で約6億7000万円)
BCH 42,327.1 (円換算で約21億円)

以上を合計すると、損失総額は約70億円となる(前回の発表では約67億円と発表されていた)。

今回の発表における流出数量は、盗難による送金先のアドレスに入金のあった仮想通貨の数量から推計したものであり、実際の損失総額は発表した額よりも多くなる可能性が高いかもしれません。

ビットコインとモナコインとビットコインキャッシュがやられたわけですけど、取引所の運営はセキュリティが一番大事です。

テックビューロは「弊社サーバの復旧により正確な数量が判明し次第、場合により訂正のご報告をさせていただきます」とコメントしているけど、真実を伝えてほしいです。

コインチェックは即記者会見開いてた気がしますが、不正アクセス発生から報告まで随分時間がかかりました。

もうそろそろ仮想通貨の流出も日本人は慣れて来たんでしょうか。あまり驚かなくなってきました。

企業の個人情報流出にも慣れてきたのと同じだとは思いたくないのですが…。

また海外の匿名口座に吸い取られたという印象が強いです。

今回余り騒ぎになってないけど70億円分ですけど、普通の金融期間なら大問題で大騒ぎするはずです。

銀行で70億円強盗が起きたら、全国の銀行システム及び金融システムを揺るがす大事件になっています。

仮想通貨にどれだけ日本人の金が奪われているのかと考えると、気持ち悪くなります。

ハッカーからすると、ホットウォレットはドル箱になってほしくはないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です