注文前にカフェで授乳に批判!母親が退店命令に怒りをSNS投稿に非難

母親にとって、公共の場で授乳するときに肩身の狭い思いをしていて簡単ではないこともあるそうです。

一方で、子連れの母親が安心して授乳できる環境を整えているレストランやカフェもあります。

イギリスで、ある母親がご自分の子どもを一緒に家族連れに優しいと評判良いカフェに入店しました。

ところが、注文前に授乳していた母親をみて店員が「注文しないのなら退店してほしい」と言いつけました。

そのとき母親は同店に対して怒り暴言を放ったそうです。

今回、SNSでそのニュースが飛び交った後、さまざまな意見があがっています。

ノッティンガムシャー州ニューアーク在住の教師ケイリー・ルイーズ・ライリーさん(29歳)は、休日に来店したコーンウォールのペンザンスの「Costa Coffee(コスタ・コーヒー)」で嫌な接客された経緯をソーシャルメディアで情報配信しました。

雨模様の日、1歳4か月の娘スカーレットちゃんが起きたときに授乳しようと、ケイリーさんは「Costa Coffee」へ入った。

店内は注文客の長蛇の列ができていて、母親は席を見つけ注文を後からにしてひとまず先に授乳することにしました。

店員がきて「購入しないなら今すぐ出てください」といったそうです。

ケイリーさんはカフェを退店した後、「Costa Coffee」に苦情の内容のメッセージを送った。

カフェ側から謝罪もなく不親切な態度だった店員を守るような対応に、母親は怒りがさらにこみあげてきたのでしょう。

公共の場での授乳はたしかに難しいかもしれません。

でも、混んでたらしいし、店員の言うことはわかります。

まず注文しようよ。私は公共の場での授乳は無しだと思うので、そもそもカフェで授乳に違和感あります。

本来なら、母親からお店の店員さんに対して、ひと言あるべきだったと思います。

店の人に『すみません、子供が泣き止まなくて先に授乳させて貰っていいですか』と声をかけておくのは手間かからないはずです。

それをしないのが原因で、自業自得だといわれても仕方がないでしょう。

授乳できる場所が少なくて、不便なのは改善されるべきですけど、母親たちのマナーや配慮も必要でしょう。

母親も人に思いやりを求めるなら、注文のために並んでいる他の客や、店の都合くらい考えてもよかったはずです。

自分に都合の悪いことを、何でも差別のように言うのは筋が通らないです。

後でSNSで批判するなんてひどいし、結局黙って店を出るってことは注文する気がなかったと思われても仕方がないです。

そもそも店員に言われた時に説明すれば済んだと思います。

きちんと説明しなければ店員も事情が分からないでしょう。

注文しないで休憩だけして帰って行くような客もたまにいると思います。

説明して気の利く店員ならその場で注文を聞いてくれるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です