覚醒剤逮捕が続出理由?NHK歌のお兄さん卒業後の過酷な人生

再び“歌のお兄さん”が懲りずに逮捕されました。

その男性は沢田憲一容疑者(49)です。

1996年から約5年間、NHK「にこにこぷんとあそぼう」に出演していましたが、9月18日に覚醒剤取締法違反の疑いで警視庁に捕まりました。

歌のお兄さんの逮捕は他にもいました。同じ時期に、子ども番組に出ていたお兄さんだそうです。

2016年4月にNHK『おかあさんといっしょ』に2003年まで5年間出演していた杉田あきひろ(51)が同様に覚醒剤取締法違反で有罪判決となりました。

“歌のお兄さん”がシャブで逮捕されるのはどうしてでしょうか。

何かしら共通項があるのでしょうか。

実は“歌のお兄さん”は、相当のストレスが蓄積してしまう仕事だそうです。

2017年3月『おかあさんといっしょ』を卒業した横山だいすけさん(35)は、テレビ出演で非常に多忙でも月収30万円程度だと暴露しました。

月曜日から金曜日まで番組収録が連日続き、土日の週末や祝日になると地方イベントでスケジュールが埋まってしまます。

歌のお兄さんでいる間は、ほとんど自由な時間がなかったそうです。

NHK以外の他局の出演は厳禁であるのは当然ですけど、日常生活でも様々な縛りや規則が多かったとは驚きます。

そのため、番組制作スタッフや出演者たちの仲間意識と結束力は相当に強いのも納得できます。

2006年4月に、はいだしょうこ、今井ゆうぞうのカップル、歌のお兄さんお姉さんの二人が誕生日デートしている模様をフライデー撮影されました。

実は半同棲状態だったという噂もありますからね。体操のお兄さんお姉さんらも含めて、番組内でカップル成立しちゃうことは度々あるそうです。

さらに番組卒業した後には、芸能界で素晴らしいタレント生活で稼げるわけではないらしいです。

『おかあさんといっしょ』などのNHK教育番組は、幼いお子さんがいる家庭での高視聴率です。

番組卒業の直後だけは全国の各種イベントに呼ばれまくって仕事が殺到するそうです。

イベント出演料は1回に10万から30万円なので、安月給から突然に年収1000万円以上になることも多いです。

しかし、そんなバブル時代は続かないのが芸能界の厳しさです。

どんなに長くてもたいてい2、3年ほどで冬の時代になります。

テレビで見ていた子ども世代が成長すれば、やめた歌のお兄さんのファンを辞めるのは当然でしょう。

そんなプレッシャーは半端ないかもしれませんが、歌のお兄さんを辞めてから覚醒剤を使用する理由になったとしても許されません。

ストレスやら過酷労働やら孤独やら芸能人は、薬物依存になった理由つけるけど単なる甘えに過ぎないです。

楽な人生に逃避するだけのダメ人間なだけでしょう。

覚醒剤に手を出すお金があるなら、そもそも日常生活できるくらいのお金を持っているはずです。

それに芸能界だけが仕事ではないし、駄目だと思ったら引退して他の仕事すればいいだけです。

どんな理由があろうとも覚醒剤に手を出していい訳がない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です