1億円の損害賠償請は安すぎる!誤認逮捕で17年服役に批判殺到

やってもいない罪を被せられた男性は、誤認逮捕されて17年間の服役を強いられた。

昨年ようやく釈放となった男性は現在、州に100万ドル(約1億1,000万円)超の損害賠償金を請求しています。

米ミズーリ州カンザスシティで、2児の父親リチャード・ジョーンズさん(42歳)が無実の罪で逮捕されたのは1999年のことだった。

リチャードさんは武装強盗の容疑者となって、目撃者がリチャードさんが犯人だと証言したことによって逮捕と投獄されてしまいました。

ところが、服役中に他の受刑者らがリチャードさんに「リッキー・アモスに似ている」と度々発言、実はその男こそ武装強盗を働いた真犯人であった。

リチャードさんとは髪型や髭が酷似しており、目撃者が間違えたようだ。

自分と似ている人物がいると知ったリチャードさんは、冤罪をかけられた人々に法的サービスを提供するミッドウエスト・イノセンス・プロジェクトに連絡して協力要請しました。

DNA鑑定によって冤罪証明を行う非営利活動機関が調査を行うと、リチャードさんのDNAや指紋は現場に残っていないのに、犯罪と結びつかない結論に疑問を感じます。

事件当日、リチャードさんはカンザスシティの現場から離れた場所で生活して、真犯人のリッキーは現場近くに住んでいたそうです。

無駄にした17年という長い年月は、二度と取り戻すことはできません。

冤罪について何度も上訴してきたのに成就できなかったリチャードさんは17年前の誤認逮捕から自由の身となった。

リチャードさんには現在24歳と19歳になる娘2人がいるが、服役中は子供たちの成長を見ることができなかった。

現在は弁護士とともに学費や住宅、カウンセリングのための将来的な財政援助を求めて、カンザス州に100万ドル(約1億1,000万円)以上の損害賠償金請求の請願書を提出しているそうです。

人生で一番充実しているであろう時期に17年も…状況証拠からもあり得ないのにずさん過ぎます。

1億では少ない、もっと払ってあげてもよいのではないでしょうか。

17年間の自由を奪われた代償としてはその10倍ほど請求しても構わないと思います。

子供と引き離され、家族に辛い思いをさせて、長い間耐えてきたのにどうしてこれほど安価な損害賠償になってしまうのか理解できません。

子供たちも辛い思い沢山したと思います。

今よりもっと良い学校にも行けたり違う人生を歩んだかもしれないのに、お金の面も、大黒柱が居なくなって大変だったはずです。

当時と今とでは捜査手法や検証技術が違うとはいえ、目撃証言だけを根拠に有罪にしてしまうなんて恐ろしいです。

お金で時間は戻らないけれど、十七年間の汚名が一億円はあまりに安すぎます。

二度と、何をしても取り戻せない17年という時間は計り知れないです。

その価値はお金で買えるものではない、責任の所在は別にして1年=1億でも足りないと思います。

そして大々的に謝罪すべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です