BMW「M2 コンペティション」の評判と機能を徹底解説

「走行の歓び」を満喫できるBMWの中でも、毎日の喧騒を忘れさせてくれる非日常な走りを楽しめるモデル、「M2クーペ」はそんな面白味を体感できるでしょう。

2018年8月23日、M2クーペの最高峰として評判高い「M2 コンペティション(Competition)」が世に出ました。

新タイプのM2 コンペティションは、従来のM2クーペに高機能で高性能なエンジンを備えている上に、力強い剛性とブレーキングシステムの制動力を今まで以上に向上させています。

さらに走行性能を高めたモデルです。

価格は7速DCTが898万円、6速MTが873万円。

ボディサイズは全長4,475×全幅1,855×全高1,410mmなので走行しやすいでしょう。

操縦しやすいサイズですから、クルマとの一体感が高まってストレスなく運転できます。

車重は1630kg(7速DCT)と1610kg(6速MT)と抑えられています。

心臓部の3リッター直6・ツインパワーターボは、刺激に溢れています。

最大出力は410ps/5,250-7,000rpm、最大トルクは550Nm/2,350-5,200rpmという前評判でしたが、どれだけ発揮してくれるのか未知数です。

そこで、これだけの強力なエンジンが備えている潜在能力を最大限に引きだすために、「M4」と同様の冷却システムを採用しています。

これに加えて、ラジエーターやオイルクーラーも搭載しているので冷却機能を高めています。

また、車体のはカーボン・ファイバー強化樹脂(CFRP)を使用したストラット・ブレイズによって剛性を強化しています。

さらに、大径のMスポーツ・ブレーキによって制動力を強化しています。

そのほか、ダンパーやスタビライザー、DSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロール)も、積極的に攻めの姿勢で走行できるような装備を網羅しているといえるでしょう。

ダイナミックな走行だけに注目しがちなのですが、走りだけではありません。

ハイグロスブラック仕上げのダブルバー・キドニーグリル、冷却機能を高める大型エアインテーク、Mサイドミラー、存在感とバネ下の軽さを両立する19インチMライト・アルミホイールなど、「コンペティション」という名前に相応しい特徴が随所で見受けられます。

外観についてM4を好む方でもサイズがM2くらいなら契約する人も増えるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です