エアコン故障で患者4人死亡!殺人容疑で病院捜査、院長の会見に批判殺到

岐阜県警が岐阜県岐阜市一番町の「Y&M藤掛第一病院」でとんでもない状況になっています。

8月28日、80代の入院患者4人が26日から27日にかけて死亡しました。

夜になり警察が殺人容疑で同病院を捜査しました。

警察によると、死亡した入院患者の4名は病院の3、4階に入院していました。

当時エアコンが故障中だったようで、病院はスグに修理の対策しないで放置したままだったようです。

その結果、患者が死亡しました。

病院関係者の通報で、事態が発覚したのですが、通報者によると「20日からエアコンが故障!?」というような内容をしゃべっていたとのこと。

これが本当なら、虐待行為だといわれても否定できないと思います。

4人の死因は熱中症だと思われていますが、死亡診断書の死因は心不全となっていました。

そこで、警察は死亡診断書をうのみにしないで、殺人容疑で捜査を行う方針です。

28日には院長が記者の取材に応じ、4人の死亡について「元病が非常に恐ろしい病気なので、エアコン故障は関係ない」「亡くなった人は非常に恐ろしい病気なので、COPDとかね、気管支ぜんそくとかたばこを飲んでたの。若いときに。やっぱりたばこは酷いね」と発言していました。

そして、エアコンがきちんと作動している部屋に移さなかった理由について、患者さんの中にも暑い部屋が良いという人もいるので残ってもらっていると説明していました。

病院としては不祥事問題だとはにんしきしていないと断言していて、とても違和感あります。

この院長の言動には、患者を死亡させてしまったことへの罪の意識を一ミリも感じません。

「患者が若いときにたばこを吸ったから死んだのだ」と言わんばかり。

受け答えがテレビで放送されると、ネットユーザーから「罪の意識がない」「人の命を軽く見ている」「自己保身だ」などと猛批判が上がることになった。

院長はおそらく自らの保身と病院の存続しか考えておらず、患者の事などこれっぽっちも考えていない!

それがよく判った会見でした。

あんな白々しい言い訳がまかり通ると思ったら大間違いでしょう。

これから徹底的に捜査し、責任の所在を明らかにしてほしいです。

1日2回は検温や血圧測定で看護師さんが回ると思いますが、何日もエアコンなしだったら、徐々に悪くなったはずです。

だから回った時に少なからず異変に気づけたと思います。

エアコンが嫌という患者さんが居ても、エアコンがいつでも使える部屋に移さないのは悪意だけしか感じません。

「Y&M藤掛第一病院」は老人医療を専門としているので、同病院で人生の終焉を迎える人も多いそうです。

そのため、院長は人間の死に抵抗を感じないのかもしれない。

責任を感じているとは思えないし、医療従事者として疑問があると言わざるを得ないだろう。

命の尊厳など考えたことも無さそうな受け応えに呆れるばかりです。

患者はお金でしか無かったと思うと悲しくなります。

「真実」をしっかりと明らかにし、過失である場合は病院側にきっちりと責任をとってもらいたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です