SIMロック解除義務化!中古スマホの通信会社の選択自由化の秘密

総務省は2019年7月から、割安な中古スマートフォン(スマホ)を購入した利用者が通信会社を選択できる体制を整備しています。

NTTドコモ,au,ソフトバンクの通信大手3社に対して、自社が販売したスマホであっても他の会社通信網でも利用できるようにする「SIMロック解除」を中古品にも義務付けました。

新品よりも中古スマホは極端に少ない流通量です。

その流通を活発にすることで消費者が格安会社に乗り換えやすくして、通信会社の競争を促進して低料金化を激化しそうです。

消費者は、中古スマホを購入した上で、キャリアに行ってSIMロックを解除してもらうときには有料になりそうです。

当たり前にそれに対応してもらえるように、販売スタッフの教育をしてもらうようにもしていただきたいです。

また、新品であってもシムフリーでなければならないという意見もあります。

キャリアの下取り価格が中古買取りの相場より高いことも選択の狭さを助長しているという指摘もあります。

選択の自由があるのは良いことです。

購入履歴が無いのですから、店舗での解除手続きとなるので、手数料3,000円が必要になりそうです。

SIMロック解除費用を払って、MVNOか他のMNOに移行するのも良いけど、SIMロック端末に合わせたMVNOを契約しても問題無いと思われます。

中古端末のSIMロック解除に、どれくらいの需要があるのか気になります。

手数料がゼロ円になるとは思えないので、3,000円と思われる出費を支払う価値を移行先に見出だせるのかがポイントにんりそうです。

SIMフリー端末でも、docomoは使えてauは使えない、みたいなやつあります。

そういうのはどうなるのでしょう?

通信規格の問題?だから変わらないのでしょうか?

SIMロックが本当に縛りになっているのかも疑問です。

SIMロックがなければだれもが中古端末で格安スマホに乗り換えるようになるとは限りません。

そもそもSIMロックが邪魔だと考えているような人は既に格安スマホやサブブランドを使っているでしょう。

一方で、格安スマホに乗り換えていない人は、SIMロックや中古スマホのことなど知ろうともしないし理解しようともしないでしょう。

中古のロック解除のサービスが開始されると、どのような人がそのサービスを活用するのか気になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です