爆破予告!ビックロ ユニクロ新宿東口店23歳スタッフの手口が幼稚すぎる

「ビックロ ユニクロ新宿東口店を爆破する」というメールを送信した威力業務妨害容疑で、同店パート従業員の中野勝幸容疑者(23=東京都三鷹市)が、警視庁に逮捕されました。

ユニクロと言えば、労働者を消耗品として扱うブラック企業という噂もありましたが…。

売り場で“犯行”に及んでいたのだから呆れます。

中野容疑者は2017年9月からビックロ ユニクロ新宿東口店で働いていた。

勤務中の7月25日午後2時ごろ、同店舗の在庫管理用のタブレットで「ビックロのユニクロ側に爆発物を仕掛けた。17時までに爆破する。オウムの死刑を後悔しろ」というメールを同社カスタマーセンターやテレビ局に送信しました。

通報を受けた新宿署と店側は、16時半から17時まで入場規制して、来店客を完全に排除して店内を徹底的に調べました。

しかし、爆発物などの不審物は見つからなかったそうです。

中野容疑者は7月27日から31日に、合計5回も爆破予告の同じメールを送信していました。

IPアドレスから簡単に店内7台のタブレットが判明しました。

防犯カメラの映像から中野容疑者が判明しました。

文面の『ビックロのユニクロ側』という表現もヘンです。

8階建ての『ビックロ』について、1階部分はビックカメラとユニクロの売り場に分かれていますが、2、3階はユニクロで、4~6階がビックカメラ、7階以上は他店舗のフロアです。

1階のユニクロ側に爆発物を仕掛けたと主張したかったのでしょうか。

また、オウム真理教や後継団体との関係は確認されていませんのですから、情報操作を図ったとも思われます。

警察が店内を捜査しているときに、中野容疑者は何を考えて何をしているのか不明ですが、あまりにも短絡的で稚拙な犯行です。

中野容疑者は調べに対し、「会社と同僚にムカついた」のが理由で犯したとは言う事もやった事も幼稚すぎます。

そもそも、勤務中に業務用タブレットから爆破予告しておいてバレないわけがないです。

犯行手口としては非常に幼稚すぎて笑えます。

くだらない犯行理由によって、巻き込まれたお客にとっては迷惑だったに違いないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です