8時間睡眠が重要!短い睡眠時間が不健康の原因を解説

睡眠に関しては、様々な研究があります。

睡眠サイクル1.5時間の倍数を基準にした短眠法として、6時間睡眠法や4.5時間睡眠法が流行った時期がありました。

ところが、現在では短い睡眠方法は健康を損なう可能性が高いといわれています。

睡眠時間を削って勉強や仕事するのは非効率であって逆効果になることが多いです。

心や体の健康を考える上で、睡眠の効果と重要性を検証します。

一日の睡眠時間が8時間未満、特に6時間未満ですと、身体が疲労して消耗しきって疲労困憊してしまうまでの時間が最大30%も短縮するそうです。

要するに、短時間睡眠であればあるほど、激しい運動を続けるのが難しくなるということです。

最大限のパフォーマンスを発揮するならば、できだけ8時間前後の就寝時間を確保できるライフスタイルが大切です。

睡眠時間が2時間ほど少なくなると、運動中に予期せぬケガに見舞われてしまいやすいです。

その発生率が2倍になるという研究結果もあるそうです。

これは、睡眠不足が原因で、集中力が低下して不注意な行動や決断をしてしまうことが増えるかもしれません。

美を求める男性女性にも気になる情報があります。

男性と女性の限らず、同一人物の睡眠時間の違いを比較してみると面白い結果になりました。

一晩の睡眠時間が5時間と8時間の場合の写真を用意して、その写真を比べて評価してみました。

同じ顔でも8時間の睡眠をとったときの写真のほうが、健康的で魅力にあふれた豊かな表情という結果だったそうです。

いつも健康的で魅力的な顔を保つためには、夜、ぐっすりと眠ることが非常に大切だということです。

とても簡単で効果的な方法なので、試してみる価値はあるでしょう。

きちんと眠って、頭も身体も回復させ、充実した毎日を送りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です