駐車監視員に不満爆発!ナンバープレート見えない路上駐車の対応

駐車監視員は路上駐車を取り締まる仕事をしています。

駐禁ステッカーを貼る任務を遂行しているわけではありません。

交通の支障となる路上駐車よりも、駐禁ステッカーを貼りやすいものが優先されやすいとは論点がズレていると思います。

駐禁ステッカーを貼りにくい状況では監視員がどんな対応をするか検証しましょう。

 

■路上駐車の取り締まり

前後のクルマの間にピタリと駐車してナンバープレートが見えない場合、駐車監視員はナンバーを入力端末に記入できません。

駐車監視員は路上駐車を取り締まれるのでしょうか?

駐車監視員による路上駐車の取り締まりは、ナンバープレートから判明したクルマの持ち主に「放置違反金」を支払い義務を与えます。

前後のクルマに人が乗っていて、間に挟まれたクルマのナンバーが見えなければ3台ともセーフです。

しかし、そういう特異な状況なら駐車監視員は警察に連絡してほしいのですが、本当にやる監視員はいるのでしょうか?

警察官が臨場すれば、前後のクルマの運転者に青キップを切って移動させ、真ん中のクルマのナンバーを見えるようにして駐禁ステッカーを貼る可能性もあります。

ナンバーが見えないほど前後のクルマに挟まれたら、そこから移動できなくなるでしょう。

放置車両としてレッカー移動してもらいたいです。

悪質な駐禁逃れと見るか、異常として関わりを避けるかは監視員次第という面もあります。

 

■路上駐車でナンバーを隠す

路上駐車でもナンバープレートを外したりガムテープで覆ったりして隠すとどうなるのでしょう?

ナンバーがわからなければ、そもそも駐車監視員は路上駐車を取り締まることができません。

国土交通省によれば、ナンバーの表示義務は駐車中のクルマにはないとのこと。

駐車してから前後のナンバーをガムテープなどで覆い隠せば、理論上は駐車監視員は手を出せません。

ところが、停車中は何も路上だけを想定しているものではありません。

路駐ではナンバーを隠しても隠す行為自体は違反ではないが、ナンバーを隠しても隠さなくても道交法違反です。

ナンバープレートを読みづらくカバーで覆ったり、ナンバーフレームの枠が幅広いモノを着けて読みにくくしてる連中が多いです。

警察には仕事してほしいです。

ところが、警察は張り込み、運転者が戻ってきたところを道交法違反(駐車違反)で逮捕はあり得ないです。

その車を止めた人間が特定出来てない限り逮捕できないでしょう。

所要の捜査をして逮捕状が発布されて通常逮捕なら考えられるけど、でも実際問題駐車違反で逮捕は考えられないです。

いずれにしても、切符を切られるくらいなら、駐車場に入れた方が安いです。

普通にパーキング入れるほうが安心ですし、夜中なら数百円で安心して外に出られます。

また、おかしいとこに長時間停めてる「駐車禁止除外指定車両証」置いた車を取り締まってほしいです。

身体障害者利用の駐禁除外指定車章の不正利用もなんとかしてほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です