レオパレス21再び苦情殺到!エアコン3時間で自動停止で熱中症誘発の危険

8月1日放送の「とくダネ!」(フジテレビ)では、レオパレス21の物件で暮らす入居者を取材した模様を放送して、ちょっとした騒動になっているようです。

契約書を確認すると、「エアコンは3時間で切れます。設定変更はできません」という内容が記載されています。

3時間で自動的に切れるようタイマー設定されているエアコンは、2002年から2015年3月までに設置されていて、全国で約39万台とのこと。

リモコンには、「このエアコンには消し忘れ防止のため運転開始後3時間で自動停止します」と注意書きが貼られていた。

レオパレス側は、節電対策のために自動停止するエアコンを導入したという言い分です。

ただし、記録的な猛暑によって全国各地から苦情が殺到するのも無理もないです。

「とくダネ!」が入居者に取材すると、リモコンには残り時間が表示され、ピーッ!という音とともに停止した。

電源つければ再び稼働するが、3時間後にはOFFになるそうです。

熱帯夜の最中、暑くて3時間ごとに寝苦しくなって寝れなくなるのは辛いし寝不足・夏バテになりやすいです。

幼児や高齢者であれば、寝ている間に熱中症で亡くなるリスクも高まるでしょう。

3時間で自動的に停止するタイマー機能がついているだんて、本当に嫌がらせような設定だと思います。

契約の際にまさかのエアコンのための契約書があるなんて思いませんから、見逃してしまうかもしれません。

レオパレス21は、入居者が最短で生活できるように家具・家電付きの物件を数多く用意しています。

家賃は「水道光熱費込み」のプランもあるので、エアコン消し忘れ防止を推進するのは利益重視しているだけだとしか思えません。

酷暑が連日ともなると苦情が殺到するのは当然だし、企業イメージがさらに悪化するだけです。

光熱費込みのプランでエアコンをつけっぱなしにされれば、レオパレスが儲からないのですから、節電というのは信じられません。

レオパレス側としては、今回のエアコン騒動の件で、ホームページで「2015年4月からの物件にはエアコンタイマーの設定を採用していない」と説明しています。

入居者へは順次解除方法を連絡するとともに、解除方法をネット上で公開しています。

そういえば、レオパレス21といえば、2018年5月にテレビ東京「ガイアの夜明け」で、法令違反建築の物件が多いことで告発されていましたら、今回の件でさらにイメージ悪化を否めません。

他にもこの会社については、いい噂を聞いたためしがない!という口コミが存在するそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です