月末に交通機動隊が狙う交通違反ベスト3!ノルマ達成の問題と批判

普通に安全運転していれば捕まることもないので、「捕まえるのが悪い」という論理が成り立たないのも理解できます。

警察官がネズミ捕りしていようが、隠れていようが、普通に運転しているならば全く取り締まり対象にはなりません。

しかし、警察官たちは取り締まるために必死です。

交通機動隊には「ノルマ」なんてありません!仕事をしなければ怒られるだけ」というコメントがありました。

ところが、現場にはノルマという言葉を使わなくても取り締まり件数が多い警察官が評価されているようです。

そこで、今回は、月末に交通機動隊が狙っている交通違反ベスト3を検証します。

第一に「黄色線での追い越し」。

覆面パトカーを夜に駆り出して行うことが多いようですが、法定速度ギリギリか、マイナス10km/hぐらいで走行します。

すると、後ろに付いたクルマやバイクはイライラ。バイクが追い越していくケースが多いので、その瞬間に赤色灯を回して捕まえるだなんて…。

ノロノロ運転でイライラさせて、あえて違反(誘因)させているのが事実ならば、追い越した瞬間に捕まえるだんてダメでしょう。

第二に多いのは「原付きバイクの2段階右折無視」。

大きな交差点で右折してくる原付きバイクを待機して取り締まりの準備します。

そのまま走り去られることも多いので、白バイを稼働して待機するのです。

第三に、「整備不良」です。

テールランプの電球切れなど、一般のドライバーは分かっていない場合が多いです。それを狙っている取り締まる警察官がいます。

実際にはバイクに多い交通違反といいます。

もうこうなるとノルマ達成のために必死なのがわかります。

正義より数字って事なのでしょうか。交通安全と交通取締りは別ものであって、完全に背離しています。

警察は麻痺していて、捕まえるのが主でなく、事故防止の為に未然に防ぐ行動をするべきです。

交通違反が多い場所で、警察が立ってるだけで、運転手たちは意識して違反行為はしないだろう。

当てつけのように違反をする悪質ドライバーを徹底して捕まえればよいはずです。

隠れて、バレないように小手先のテクニックを駆使して違反を導いて捕まえているから、一般市民が怒るのは当然でしょう。

そもそもノルマという考え方が根本的に間違っています。

ドライバーの反感買うだけです。

もっと事故を減らすという本来の意味の取り締まりをして欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です