発酵食品の食べ過ぎ危険!SIBO(小腸内細菌増殖症)病気の原因

腸内環境を整えるといわれている食べものとして、食物繊維、ヨーグルト、発酵食品などが評判良いです。

しかし、これらを摂取すると、逆効果となってお腹の調子が悪化しやすい人がいることが判明してきました。

腸は大腸だけではなくて、“SIBO”(小腸内細菌増殖症)と呼ばれる小腸の病気が騒がれています。

腸には食物繊維が必要なのは間違いない。ヨーグルトには整腸作用があって腸内環境を整えるには大切です。

しかし、誰もが腸に有効な食べものはありません。

整腸効果を実感できる人もいれば、そうでない人もいて、必ずしも促す効果があっても、他の人にも必ずそれが当てはまるとは限らないのをご存知でしょうか。

実はあまり知られていないのですが、小腸のある病気が関係しています。

少量しか食べていないのに、食後にお腹が膨張して張ってしまうという人がいます。

日本ではまだあまり知られていませんが、“SIBO”(シーボ)という小腸の病気かもしれません。

他にも頑固な下痢、便秘、腹痛などの違和感という症状があるそうです。

過敏性腸症候群の患者の85%が、SIBOだったという研究結果もあるそうです。

ここで、なぜ大腸の病だと思われていたものが、小腸の病気だと思われているのでしょうか。

ここ最近、ダブルバルーン内視鏡、カプセル内視鏡という技術が開発され、小腸の診断できるようになったことで、SIBOへの解明が進んでいます。

SIBOとは、小腸に存在していない腸内細菌が、小腸内で過剰に繁殖してしまう病気です。

腸内細菌が、小腸で必要以上に増殖してしまうと、お腹の不調に繋がるのです。

小腸は栄養吸収するための臓器であって、腸内細菌を培養するための臓器ではありません。

小腸にきた栄養素を吸収される前にガスを発生させてしまいます。

腸内細菌が分解するガスは、水素ガスやメタンガスが主要でとなります。

つまり、少し食べただけでお腹がポッコリ膨らんでしまいます。

水素ガスやメタンガスが過剰に滞留すると下痢や便秘を繰り返すこともあります。

食事の度にガスが溜まる減るを繰り返すことで小腸は伸び縮みし粘膜が薄くなり、有害な毒素や未消化の食べものが腸から漏れ出すという怖いことも。

さらに、腸内細菌が作り出す短鎖脂肪酸は本来、肥満を予防するなどカラダにいい働きをするものだが、小腸でこれが増えすぎてしまうと、またしてもお腹の不調の原因になってしまう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です