駐車違反の都市伝説!外交官ナンバー・青ナンバーは取締り対象外はウソ

駐車違反に関する都市伝説について、いろいろなネタが蔓延しています。

例えば、濃いスモークガラスを装着していると車内を確認できないので取り締まりを回避できる。

ナンバーを見えないようにしていると駐車監視員による取り締まり対象にならない。

外交官ナンバーは駐車違反のステッカーが貼られない。

他にもさまざまな都市伝説として話題になっていますけど、現実はどうなのでしょうか?

 

■駐車違反の都市伝説

駐車違反の都市伝説を検証してみると面白いです。

まず、クルマのナンバープレートが隠れていても、車体に刻まれた車体番号で確認をすることができます。

つまり、ナンバープレートが見えなくても駐車違反の取り締まりされているのが実情です。

また、車体番号を改ざんすると、道路運送車両法違反として処罰の対象となります。

 

■青ナンバーに駐車違反を交付

外交官特権により外交官ナンバー(青ナンバー)について、駐車違反に該当しないという噂があります。

実際のところ、それは都市伝説であって、取り締まり対象になります。

駐車違反していた外交官ナンバーの公務の自動車に、駐車標章がしっかり貼られていたという現場を目撃されていた情報は多いです。

さらに、「外交特権を有する者に対する交通反則通告制度の適用」されるケースもあります。

その一方で、駐車違反のステッカーが貼られていたとき、無視して反則金を踏み倒すパターンの情報も聞いたことあります。

ものすごく濃いスモークガラスやカーテンで後部座席が目隠しされていると、車中で休んでいたとかスマホで電話していたなどと言い張っていれば、証拠とならずに駐車違反が抹消されてしまったこともあります。

ただし、スモークガラスだからといって、言い逃れできるわけではありません。

熟練した駐車監視員は、カメラをスモークガラスに接写して撮影して証拠写真を収集する人もいます。

エンジンかけてても子供が乗っていてもすぐに移動できなければアウトです。

これも駐車違反の都市伝説といえるでしょう。

これよりも、障碍者・高齢者に交付されてる駐禁除外認定証のほうが問題でしょう。

実際に、取り締まりを受けないのを目撃したことがありますけど、明らかに周りに迷惑を掛けていた現場でした。

どうして取り締まらないのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です