マクドナルドが全店禁煙した理由!業績アップの根拠

日本マクドナルドは4年前にいち早く全店禁煙に踏み切った企業として有名です。

今となっては飲食業界で「完全禁煙化」の動きが加速しています。

サイゼリヤやデニーズ、ケンタッキーフライドチキンが次々と禁煙を発表しています。

串カツ田中は全店舗の9割にあたる160店舗を全席禁煙となりました。

受動喫煙対策を推し進めている健康増進法改正案は国会で成立する見通しで、2020年4月施行の見込みです。

飲食店としても禁煙化の流れに乗りたいところだろう。
しかし、愛煙家の方々としては生きにくい時代でやり過ぎとの意見も多いです。

そこで、マックがどうやって完全禁煙にふみきったのかを検証します。

 

■マックがママさん対象にした理由

そんな状況で2014年8月にマクドは全店禁煙を発表しましたが、喫煙者の反発は強かったです。

実は2014年から15年に、マックは売上3割も減少していて業績低迷していました。

喫煙者にとって格安で食事も休憩もできるマックは利用価値が高かったです。

業績が低迷する中、どうにかして既存客を確保したい企業も多いです。

ところが、マックが禁煙に踏み切った最大の理由は、顧客ターゲットを設定したからです。

マック店内にいると、いろいろなお客さんがいます。

ビジネスマン、主婦のグループ、シニア客、雑談する女子高生や大学生。

しかし、サラ・カサノバCEOは経営危機だったときにターゲット顧客を「母親」にターゲット層にしました。

マックに来店しているママ層は今も子連れでマックを訪れて、ママ友と世間話している姿をみかけます。

彼女たちの中には、中学生・高校生の頃からマックに通っていてい、休日も放課後もマックを利用して、マックでアルバイトした方々もいたでしょう。

そんな彼女たちが母親になると、子どもたちへの健康や栄養バランスを優先するようになりました。

厳格に評価する母親たちの信頼を取り戻せば、マックのブランドは再生する可能性は高いと経営陣は想定したのです。

 

■マックに求められていた本当の価値

顧客の信頼を取り戻すに、カサノバCEOは全国の47都道府県を回り、マック本来の原点に戻って「満足できる商品」「明朗なお手頃価格価格」「わくわくなメニュー」「快適な店舗」が必要とされているのが判明しました。

マックは、店舗改装への設備投資や食の安全など各種施策を試みてきました。

全店禁煙は、あくまでこうした施策の一つだ。お子様連れの母親が来店しやすい店作りのために、全店禁煙にする方向性は理にかなっています。

食事している人が居る店内で普通にタバコ吸っている人たちがいたのが異常だったのでしょう。

煙とヤニだらけの中で、女性や子どもたちが飲食するなんて普通ではなかったです。

タバコはやめられるが、食事するのはやめられないです。

タバコは完全に毒だか、食べ物は適量なら滋養だから、店内禁煙は正しい選択でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です