アルファロメオ初のSUV新型「ステルヴィオ」評判高い理由

ついにアルファロメオ初のSUV、新型「ステルヴィオ」の販売がスタートしました。

7月21日から、 第一弾として400台限定の導入モデル“ファースト・エディション(689万円)”が販売されます。そして第4四半期にフルラインナップが勢ぞろいします。

また、2018年の年内には独自のCIに基づいたアルファロメオ専売ディーラーが、全国60拠点まで整備される計画となっている。

新型ステルヴィオは、アルファロメオが誕生してから108周年を迎えてブランド初の本格SUVです。

ダンの「ジュリア」と共通の新世代プラットフォームを用いていて、SUVとしての能力を発揮しながら、SUVとはかけ離れたスポーツ性能を最大の持ち味としている。

痛快なパワートレーンやシャープなハンドリングが素晴らしいです。

とくに独自の4WDシステム「Alfa Romeo Q4」は、走行状況に応じて後輪に100%、前輪に60%を上限にトルク伝達する可変トルク配分機構を搭載していて、滑らかな走行を実現しています。

ファースト・エディションに採用されるパワートレーンは、アルミ製ブロックで2Lの直列4気筒ターボ+ZF製の8速ATとなります。

なんと最高出力280ps/5,250rpm、最大トルク400Nm/2,250rpmを放ちます。

また、第二弾として遅れて販売される頂点モデル「ステルヴィオ・クアドリフォリオ」はテストコースで7分51秒7のラップタイムを記録したそうです。

2017年9月 で、量産SUVの中では最速クラスの記録をたたきだしたですから驚きます。

インテリアはスポーティかつ機能的で、快適に運転できる仕様に設計しています。

ラゲッジルームは5人乗車の状態で525リットルの容量を確保しています。

また、電動開閉式のパワーテールゲートを標準装備してます。

流線形の華麗なフォルムは、イタリアンデザインの傑作として名声を轟かしているといっても過言ではありません。

背高のSUVながら魅惑と崇高を感じさせるところは、アルファロメオの潜在能力を感じさせます

ボディサイズは全長4,690×全幅1,905×全高1,680mm。

安全装備は歩行者検知機能付きの前面衝突警報(FCW)をはじめ、緊急時の自動ブレーキ、レーンデパーチャーウォーニング、アダプティブクルーズコントロール(ACC)、ブラインドスポットモニター(BSM)などを標準で備える。

さらにファースト・エディションの内外装には、レッド仕上げブレーキキャリパーや専用デザインの大径20インチアルミホイール、プレミアムレザーシート、ウッドパネルといった特別装備が奢られ、スポーティかつ魅力的な雰囲気を強調しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です