イギリス人観光客の菜食主義者への対策

ベジタリアンやヴィーガン(完全菜食主義者: Vegan)など、信条や宗教上の理由で食事制限している人も多いです。

そのため食材や調理法、食べる方法をもてなす提供する必要がある。

スープの出汁や調理環境で食品を扱えない場合もあるので注意しなければなりません。

食材を英語表記することが望ましいです。

イギリス人の中には、想像以上に菜食主義が多いです。

菜食主義の女性とパートナーになって食事している男性の影響は様々です。

妻と同じように食べられなくなった男性、外出先で提供されるだけ肉を食べる人。

そして奥さんには大豆などを使ったベジミート、自分には肉を使って同じメニューという細やかな男性もいました。

肉を食べないけれど魚を食べる「ぺスカトリアン」もいます。

また菜食主義でなくても、ユダヤ教やイスラム教など、宗教の関係で食べてはいけないものがあったり、食べ合わせを気にする必要があったりします。

日本が観光国家で稼ぐなら、観光客の要望をある程度は聞かなければ成り立たないです。

中にはハラルやベジタリアン等希望に添うのが日本の利益おもてなしという意見もあります。

その一方で、
外食やスーパーでの食材やアレルゲンの表示は必要だけれど、だからといって観光客に媚びる必要は無いと思います。

日本に来ておいしそうなものがいっぱいで、食べてみたくてヴェジタリアンをやめたという外国人もいたし、日本の田舎の野菜や果物がおいしくて、母国では偏食で10代からファーストフードと鶏肉と牛肉ばっかりの生活だったのに、今は野菜たくさん食べれるようになったと話していた外国人もました。

バカみたいに、なぜイギリス野郎にそこまで気を遣う必要はあまりないでしょう。

 

■嫌悪感を持つ食べ物

英国では動物愛護の観点から捕鯨に嫌悪感を持つ層が存在する。
当然のことながら、鯨料理に対する抵抗が強い。

同様に、魚の活け造り、踊り食いに対しても嫌悪感を示す英国人もいます。

もともと生魚を食べる習慣がなければ、厳しいでしょう。
日本の重要な食文化ですが、日本人でも苦手な人がいます。

ラーメンとなるとスープ取るのに動物性のものが欠かせない。

ビーガンはラーメンも食べれないということになります。

鰹節もダメなら、椎茸や昆布の出汁なら大丈夫なのでしょうか?

日本には精進料理があるから、そちらを食べたら良いでしょう。

観光は今日本でも最も重要な産業の一つです。

様々な文化圏の人々が日本を楽しんでもらえるように、色々な選択肢を設ける努力をしなければならない。

郷に入っては郷に従えとか言っている人は論外かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です