妻が盗撮夫を通報!トイレ盗撮魔のゲス旦那が実刑免れた理由

夫の浮気を疑い、こっそりスマホをチェックした妻。

しかしスマホの中身には浮気の証拠ではなくて、夫の性癖が異常で下劣な動画が収録されていました。

その直後に妻は呆れるどころか恐怖を感じたのかスグに警察に通報しました。

現在も「あの男は世間には危険な存在」と元夫に対して不快感を露わにしている。『The Sun』や『Mirror』などが伝えた。

北アイルランドのコールレーンに住むモリー・クラークさん(21歳)は、リチャード・クーパー(26歳)と3年交際した後、17歳の時に同棲生活を始め結婚した。

しかしやがてモリーさんは、何か月もスマホに夢中になっている夫に不信感を抱き始め、浮気していると疑い出しました。

ある日、黙って夫のスマホを確認したときモリーさんは衝撃な事実を目の当たりにしたのです。

浮気相手との連絡ではなくて、勤務先のケンタッキーフライドチキン(KFC)店内のトイレで盗撮の一部始終が録画されていたのです。

子供たちがトイレを使用している様子を盗撮していて異常です。

トイレ内にスマホを固定させて、卑劣な映像を撮影していたのだから常習犯だったのでしょう。

また、妻のモリーさんが自宅でトイレを使っている模様まで盗撮していたのだから、驚愕したモリーさんは夫の犯罪を警察へ通報したのです。

そして、裁判でリチャードは4件の盗撮行為を認めて有罪判決が下されたのですが、実刑を免れ2年間の保護観察処分が科せられただけでした。

映像を見た時は百年の恋も冷めた瞬間だったのでしょう。

そもそも立件できたのが4件だけで、本当はもっと撮影してるんだろうし、盗撮対象に五歳児の女児もいたんなら、野放しにするのはかなり危険なはずです。

もうこなると、再犯する恐れが濃厚でしょう。

勇気ある奥さんのお陰で被害人数の拡大は防げたとしても、裁判所は辻褄の合わないことで終始し存在価値がないと思います。

特筆すべきは子どもの排泄シーンにも興奮していたムダな男を司法が問題視できなかったことでしょう。

トイレ盗撮というのは、日本人独特の犯罪だと思ってたけど、ヨーロッパでもあるとは知らなかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です