オービス自動取り締まる速度違反は何キロオーバー?

スピード取り締まりは「無人式」と「有人式」の2タイプに区別できます。

無人式とは、路上に設置されたカメラと赤外線ストロボで速度違反者を自動的に撮影する装置で、いわゆる「オービス」と呼ばれます。

オービスが作動する速度違反は何キロオーバーなのでしょうか?

 

■オービスは自動取り締まる装置

有人式とは、警察官が現場で行う取り締まりのことで、ネズミ捕りやパトカー追尾式です。

有人式の速度違反の場合、時速15キロオーバーから25キロオーバーがボリュームゾーンだといわれていたり、高速道路でも25キロオーバーで撮影されるオービスが多数あるともいわれています。

一方で、日本の無人式の速度違反自動取り締まり装置には複数の種類があります。

1970年代にアメリカから輸入してきた「オービスⅢ」が初代です。

今となっては無人式の取り締まる装置を「オービス」として総称しています。

オービスは、10.525GHzのレーダー波を使って車速を測定する「レーダー式オービス」と「Hシステム」があります。

レーダー波ではなく道路に埋め込まれたループコイルでスピードを測定する「ループコイル式オービス」「LHシステム」の4種類です。

 

■悪質な速度違反を取り締まる

オービスは極めて悪質な速度違反車を撮影するといわれています。

悪質な速度違反車とは、具体的には赤キップ違反ということ。

このため、オービスの速度違反は一般道なら時速30キロオーバー、高速道なら時速40キロオーバーで撮影すると考えられているのです。

ちなみに赤キップの場合、違反点数は最低でも6点以上。

違反点数が6点になると、過去に処分歴がなくても30日間の免許停止です。

逆にいえば、オービスに撮影されると、一発で免許停止処分になるというわけです。

ただし、最近では生活道路などに設置できる新型オービスが登場。

これまで考えられてきた速度よりも低くても速度違反となる可能性もあります。

警察と国の経済利害がある限り 180キロリミッターは無くならないし、グレーゾーンの取り締まりも無くならないでしょう。

制限速度を守って安全運転を心がけましょう。

ただし、速度違反で起こす事故は多くはないです。

ゆっくり走れば安全と思っている人ほど危険です。

多くの事故が不注意によるものなのですから、ゆっくり走っても注意散漫になっては意味が無いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です