金塊換金1億9000万円強奪の秘密!5人が警察官の偽装して犯行

東京都台東区の路上で2017年11月、中国籍の男性(48)が警察官を装った窃盗団に、金塊を換金した現金約1億9000万円入りのキャリーバッグを盗まれた事件。

警視庁捜査3課は2018年7月11日までに、無職の住田健太郎(27)、職業不詳の堤光平(29)、内装業の菊谷一仁(37)、自営業の西田嘉男(38)、無職の池田望(37)の5容疑者を逮捕した。

犯行は、貴金属店や宝石店約300軒が立ち並ぶJR御徒町駅近くの路上で、白昼堂々行われた。

11月13日午前11時30分ごろ、男性が近くの貴金属買い取り店で金塊40キロを、日本円1億9000万円に換金。見張り役とみられる池田容疑者が、店から出てきた男性の姿を確認し、仲間にLINEで伝えた。

腕に交通腕章のようなものをつけ、青い作業着を着た3人組の男が男性に近づき、英語で声を掛け、呼び止めた。

男性はその場で立ち止まり、2人の男とやりとりを始め、男性が気を取られ、キャリーバッグから手を離したスキに、もう1人の男がバッグを奪って走り出し、2人も後を追った。

警察官役の3人は、住田容疑者が運転手役を務める車にバッグを積み込み、逃走。

池田容疑者は別ルートでその場を立ち去った。男性はあわてて近くの交番に駆け込み、「現金が入ったバッグを盗まれました」と告げ、被害届を出した。

 

住田容疑者がLINEグループをつくり、リスクの低い運転手役をしていたことから、犯行の中心人物として主軸となっていた模様です。

男性は過去にも貴金属店で金塊を換金していたことがあるようです。

窃盗団が金塊情報を入手していたかもしれないとして、慎重に捜査を進めています。

つまり、金塊の換金情報を流している人間がいるというわけです。

窃盗団は暴力団員ではないが、入れ墨いれている人間もいて半グレだと考えられます。

上野、御徒町は一般的に買い物の街ってイメージですけど、多くの老舗ヤクザがいて、ハングレ、チャイナ、コリアン犯罪者も多い場所です。

5人の関係は、傷害事件の共犯仲間で、盗まれた1億9000万円の行方はまだ分かっていません。

付近の防犯カメラの映像などから、5人の事件への関与が浮上してきました。

なお、窃盗団の中には事件の関与をごまかしているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です