新入社員スグ辞職する会社の特徴!ハラスメント・教育研修・人間関係トラブル等

苦労して採用した新人が翌月に辞めてしまい、人手不足で困っている企業が増えています。

離職率の高さは、新人自身の性格や向き不向きも関係があるが、それ以上に「職場の環境」が原因になっている場合も多い。

新入社員がすぐに辞めてしまう職場の実態や口コミが集まっています。

 

■新人すぐ辞める理由は人間関係の不和

セクハラ、パワハラ、モラハラなどさまざまなハラスメントがあります。

多くの新入社員が各種ハラスメントが原因で辞めてしまします。

特定の人物だけ贔屓されている会社もあるようです。そうなると若い社員は長続きできないですぐ辞めちゃうのは当然でしょう。

辞められないのは家族を養っている人で違う会社に転職できない人です。

いずれにしても、いじめやパワハラ、セクハラなど、職場の雰囲気や人間関係のトラブル続きで、新入社員が居づらくなって辞めちゃうという報告は多いです。

新卒採用で入社した若い社員にとっては、張り詰めた仕事場所の環境には落胆が大きいでしょう。

また、中途採用で入社した社員は前職や他社と比較して、長く続けられない職場だと判断するかもしれない。

新人がすぐ辞めるため、職場は慢性的な人手不足となってしまって、求人広告では絶え間なく人材募集している状態です。

就職や転職する際は、求人情報を確認しておくことも大切でしょう。

 

■新人が成長しない会社の特徴

教育制度がない会社だと、人の入れ替わりが多すぎます。

新卒で入社する人が少なく中途採用が多い。教育制度がしっかりしていないため、中途入社してもすぐ辞める人が多いです。

新人研修やフォローなど、教育体制が不十分で、新入社員が成長しにくい職場は多いです。

初めて社会人となる新卒採用者も、他社では経験のある中途採用者も、新しい職場ではルールや慣習など、初めて触れることばかり。

本来ならば教育を受け、上司や先輩につきながら仕事を学んでいくが、「見て盗む」「見よう見まね」といった現場も多く存在する。もちろん、自分から率先して学びにいく姿勢は大切だが、新しい環境で放置され、必要な情報を聞きづらい環境は、新入社員を精神的に追い詰めてしまう。

仕事内容の厳しさ以上に、職場の人間関係や空気が良いかどうかは、「働きやすさ」に直結します。

いじめやパワハラが横行していたり、教育制度が不十分だと業務についていけなかったりするなど、居心地の悪い職場から誰でも逃げたくなるのも仕方がないです。

企業にとっても、採用した社員がスグに辞めてしまったら、採用するまでにかかった費用は無駄になります。

また、再び求人をだして探すと苦労します。

新入社員の離職率を下げることは、コスト削減に直結します。

企業も責任者も、ピリピリした職場環境や人間関係を改善したり、十分な教育研修体制を構築することに経費や人員を費やして、人材を尊重するのが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です