携帯契約お得な方法!スマホ機種代の「実質0円」「一括1円」 お得はどっち?

購入するべきなのは、“実質0円”より“一括1円”です。

なぜなら、スマホの機種代が5万円お得になるケースがあるからです。

スマートフォンは価格設定がとても複雑なものが多いです。

店舗には“0円”と記載された旗やポップが乱立していますけど、無料だからと思って安易に契約するのは愚の骨頂です。

実のところ注目すべきなのは“実質0円”ではなくて“一括1円”のほうです。

“実質0円”という一見すると魅力的な宣伝文句をアピールしている場合は実際のところ0円ではありません。

実質0円になるという購入形態は、分割支払金から機種に付随する割引の「月々サポート」で相殺されるという意味です。

ちなにみ、「月々サポート」とは、auの場合は「毎月割」、ソフトバンクの場合は「月々割」になります。

しかし、これでは端末代金を支払っていることと同じなので、単純に定価購入と変わらないです。

その一方で、“一括1円”のスマホは機種代金をほぼ払うが不要です。

ところが、一括1円といっても安心できません。

危ないのが“購入サポート(ソフトバンクは一括購入割)”の存在です。

購入サポート付き一括1円の場合、確かに端末代金を支払う必要はないです。

しかし、毎月割引の月々サポートは適用されないので、月額料金を全額支払うことになります。

しかも縛り期間前に短期解約してしまうとかなり高額な違約金がのしかかって負担金が増える可能性が高いです。

それでは、端末代をほぼ払う義務がなくて、毎月の利用料金も格安になる商品があるのでしょうか。

結論から申し上げますと、あります。

購入サポートなしの一括1円を選んで購入すれば本当に1円です。

端末料金を支払う必要がない上に、月々割引サービスも適用されます。

iPhoneなど月々割引の幅が大きい機種を一括1円で購入するならば、本来8万5000円の機種代が2年間、月額2000円台でSIMフリーで所有できます。

ただし、購入サポートなしの一括1円のスマホはそう滅多に見つかりません。

販売ノルマを達成できなくて困っている店舗などが、月末の週末などでキャンペーンを仕掛けることが度々あります。

携帯契約は月末の土日を狙うべきでしょう。

なお、SoftBankからDMでクーポンを送付される書面にも気をつけてください。

新機種に使えるのですが、結局リース契約で最後に端末を返却しなければなりません。

小さい字でしか書いてないので注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です