メルセデスベンツの新型CLSが高評価!4ドアクーペの新型デザイン言語など高機能

メルセデス・ベンツ CLSが、7年ぶりのフルモデルチェンジして登場しました。

同車は「4ドアクーペ」というジャンルを創出したトレンドセッターとして以前から人気も評判も高いです。

販売は2018年6月25日に販売されていています。

価格は以下の通りです。

ディーゼルモデルの「CLS 220d スポーツ」が799万円、

ガソリンモデルで高性能な「CLS 450 4MATIC スポーツ」が1,038万円です。

2018年の新型CLSは、メルセデスの新型デザイン言語「Sensual Purity(官能的純粋)」を初めて導入ていたデザイン性の高いモデルです。

「Sensual Purity」とは、キャラクターラインやエッジを制限していて、なだらかな曲面を活用しながら表現豊かな情景特徴の一つです。

4ドアクーペとなるとエレガントな流線型が重要になるので、このSensual Purityという観点は最適でしょう。

シングルルーバータイプのダイヤモンドグリル、逆スラントノーズ、サッシュレスウィンドウ他は、メルセデスのクーペモデルの共通デザインです。

インテリアの内装も、官能的なエクステリアデザインのトレンドを取り入れています。

コックピットディスプレイは、中央に位置していて二枚の高精細12.3インチワイドディスプレイを1枚のガラスカバーで結合していています。

メルセデスベンツでは新型の仕立てで共通しています。

シルバーシャドー仕上げのエアコンルーバーは、珍しい機能を発揮しています。

この内側には、64色から選択可能なイルミネーションが搭載されていて、温度を下げると青く光り、温度を上げると赤く発光するので、操作状況が分かりやすい機能です。

また、今までのモデルは4人乗りでしたけど、CLSクーペとして初めて5人乗り仕様になりました。

40:20:40の分割可倒式リアシートを搭載していています。

また、トランクスペースを490Lから520Lに拡大していて使いやすくなっています。

パワートレーンは2種類です。

「CLS 220d スポーツ」は2.0L直4・直噴ディーゼルターボを搭載されています。

これは194ps/400Nmを発生していて、ディーゼルは長時間の運転に有利だけあって豊潤なトルクと18.6km/L(JC08モード)の素晴らしい燃費を同時に発揮しています。

これに対して、「CLS 450 4MATIC スポーツ」は3.0L直6・直噴ターボを搭載しています。

367ps/500Nmを放つとともに、48V電気システムやISG(インテルグレーテッド・スターター・ジェネレーター)といった最新技術によって効率良い走行を実現しています。

先進運転システムも充実していて、最上級モデルの「Sクラスセダン(2017年)」と同様のシステムが両モデルに標準装備されています。

トランスミッションについては、どちらも9速ATを導入しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です