鳥貴族店長が女性バイト盗撮後の騒動!会社の見舞金が1万3000円の真相と女性の問題行動

焼き鳥の居酒屋チェーン「鳥貴族」に勤務していたアルバイト店員の女性がTwitter(ツイッター)上でツイートした投稿内容がプチ炎上しています。

具体的には鳥貴族の店長による盗撮被害を訴えた内容で、話題になっています。

「鳥貴族の店長に着替える動画撮られてて 店長は解雇され、会社から見舞金。なにこれ? こんなんいらん! 逮捕されへんことが意味わからへん。携帯に証拠も残ってるのにな!」というのが概要の文章でした。

7月2日に投稿された写真を見ると、「店長」と書かれた荷物カゴだと思われる入れ物に、衣類と共に不自然な向きに置かれたスマートフォンが撮影されています。

この女性が投稿した内容に対して、同情やサポートや応援のコメントが殺到しています。

7月5日現在で、2万6000件以上リツイートされている。

女性が働いていた場所は、京都市山科区内の鳥貴族の店舗です。

鳥貴族の広報担当者によると、20代の男性店長が6月15日の夜、店内の更衣室で、スマホのカメラで女性が着替える様子を盗撮しました。

更衣室は男女兼用で、着替えをする際には、鍵をかけていたそうです。

女性が盗撮を発見して、店長を問い詰めると、盗撮していた事を認めたとのこと。

事件性があることが確定したので、店長は女性と共に、山科署に出頭しました。

鳥貴族の会社が、店長から報告を受けて、20日付でこの店長を懲戒解雇したそうです。

会社の担当者が7月2日、女性の保護者に経緯の説明と謝罪するために訪問し、見舞金1万3000円を支払った。

女性は、現金1万3000円の写真も投稿して、これもちょっとした炎上騒ぎになりました。

鳥貴族の広報によると、見舞金であって示談金のような性質のものではないこと、金額は当日に女性が勤務ができなくなったのを加味して決定した金額だとコメントしています。

女性からの被害届を受け、京都府警山科署が現在、捜査の真っ最中だそうです。

ネットに自分の会社載せるなんてすごいですね。

セクハラも酷いけど、この子の頭と行動が常識外れで面白いです。

逮捕するのは警察がやる事ですし、示談を希望するとしても示談金を支払うのは元店長がやる事です。

鳥貴族が揉み消す意図があるわけでもないのだから、示談金は元店長が払うはず。慰謝料が欲しいなら、本人を訴えるべきです。

店舗側としては元店長をちゃんと解雇しているし、見舞金という形で働けなかった分の補償もしているのですから、ある程度の筋は通していると考えられます。

また、会社が大事にならないように火消しをするのは普通でしょう。

会社が警察を呼んで何もかもやってくれると思う方が甘いです。

お金が目的なら弁護士を雇って示談交渉。

逮捕が目的なら警察に通報する。

特にお金に関しては表沙汰になるか否かがポイントですから、ネットに載せても得るものは何もないです。

犯人の店長が逮捕されない事に怒る気持ちになるのは分からない事でもないですけど、関係者の全てに噛みつけばいいってもんでもない。

男は解雇されています。この女性はこれ以上騒いだら会社に訴えられるから気をつけるほうが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です