喫煙運転の交通事故死が激高!スマホ運転より死亡率高い理由

2018年7月4日、東北大学の研究発表が衝撃を与えました。

タバコを吸うことによる交通事故で死亡するリスクが50%以上も上昇しているという驚きの結果が報告されています。

タバコが健康に悪影響を及ぼすことは知られています。

生活習慣病の原因となって心臓病やがんや脳卒中などを誘発するのをご存知だと思います。

今回は喫煙と交通事故死に関して、どのような因果関係があるのか興味深いです。

 

■1日20本以上が危険

東北大学大学院歯学研究科の相田潤准教授の研究結果が、疫学専門誌「Journal of Epidemiology」の最新号で論文が発表されています。

タバコの愛好家たちは、ガンや心臓病や心筋梗塞などの病気だけでなく、転倒、火災、交通事故といった事故や、殺人事件や傷害事件、自殺などによる死亡する危険度も高いというような研究報告が外国ではあるそうです。

これらの死亡は、病気による「内因死」に対して「外因死」と呼ばれる。要するに、喫煙者は病死だけではく、不慮の事故による死亡率も高いというのだ。

相田准教授らは、喫煙による交通事故の死亡に関して調査することにしました。

「タバコを吸わない人」「過去に吸ったがやめた人」「1日に20本未満吸う人」「1日に20本以上吸う人」に分けて、死因が「交通事故」の人の割合を比較した。

「吸わない人」より吸う人の死亡率は右肩上がりに上昇して、「20本以上吸う人」は1.54倍高くなった。

 

■イライラして不注意運転

タバコを吸う人がクルマを運転すると死亡リスクが高くなるのはなぜでしょうか。

運転中にスマートフォンを使う行為は、日本では危険だとして道路交通法で禁じられています。

この点、クルマのシガーソケットを使ってタバコに火をつける行動も、同じように危険な操作です。

タバコを吸う人のクルマに乗ると、シートに焼け焦げの穴がありました。

万が一、運転中に火のついたタバコやシガーソケットを落としてしまうと、スマホを落下した時とは比べものにならないパニックになるでしょう。

スマホを見ながら起こした事故はニュースになりますが、タバコを吸って起こした事故は報道されません。

報道されていないタバコが原因の事故がかなりあると思われます。

海外では運転中の喫煙は運転者の注意が散漫になるとして法律で禁止している国もあります。

また、米国の一部の州や英国、オーストラリアでは、車内の受動喫煙を防ぐ目的もあって運転中の喫煙を規制しているそうです。

さらに、喫煙は運転者の健康、とくに精神状態に悪影響だと判明しています。

ニコチン依存症に近い愛好家は特にリスクが高いです。

イライラしながら運転して、タバコを吸って落ち着く、またしばらくするとイライラを繰り返します。

運転を続けるほど、どんどんストレスがたまるので、重大な事故に直結しやすいです。

実際にデータで死亡リスクが高いという結果が出たのですから、日本でも諸外国のように、運転中の喫煙を規制する傾向になる可能性が高いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です